「やっぱり天才」 川崎MF家長、絶妙フェイント&左足一閃弾が反響「これは上手い」

川崎フロンターレMF家長昭博【写真:小林 靖】
川崎フロンターレMF家長昭博【写真:小林 靖】

神戸戦の終盤にチーム3点目を奪取、巧みな技が光ったゴールシーンが反響

 J1首位の川崎フロンターレは、9月29日に行われた第28節開催分のヴィッセル神戸戦で、3-1の逆転勝ちを収めた。1点を先制されたなか、後半に3ゴールを挙げて5連勝。とりわけ、MF家長昭博の巧みな技が光った3点目のシーンに反響が寄せられ、Jリーグ公式SNSの投稿には「これは上手い」「やっぱりこの人は天才」といった声が上がっている。

 4連勝中の川崎は前半13分、神戸FW武藤嘉紀に2戦連続ゴールとなる先制点を許したものの、後半11分にFWレアンドロ・ダミアンのPKで同点とすると、同27分には右サイドをフリーで駆け上がったDF山根視来のクロスがオウンゴールへとつながり2-1と逆転に成功。これで完全に勢いづくと、家長が勝負の行方を決定づける。

 後半40分、敵陣バイタルエリア中央でFW宮城天が相手のパスを拾うと、すかさずペナルティーエリア内右のMF旗手怜央へスルーパスを供給。ボールを持った旗手は数メートル前進後、背後のスペースへヒールで落とす。これに反応した家長は、前に行くと見せかけてフェイントで後ろから寄せてきた相手DFをかわす。後方へ流したボールに対し左足を振り抜くと、低く抑えられたコントロールシュートをファーサイドへ突き刺した。

 試合後、Jリーグ公式ツイッター上でこのゴールシーンが公開されると、ファンからは「これは上手い」「天才家長ここにあり」「懐の深い高速の切り返しエグい」「やっぱりこの人は天才だなー」「細かいコントロールが凄い」「日本で1番サッカー上手い35歳」「このシュートはエグい」「スーパーゴール」といった感嘆の声が続々と寄せられた。

 家長はこの試合の後半序盤、0-1の場面で得たPKのチャンスでキックを失敗してしまったが、その汚名を返上するゴールを奪取。冷静な判断と巧妙な技が詰まった得点シーンに、ファンから熱視線が注がれていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング