「Jリーグのほうがレベルが高い」 新天地デビュー弾の本田圭佑がリトアニアリーグに言及

新天地デビューで得点を決めたMF本田圭佑【写真:Getty Images】
新天地デビューで得点を決めたMF本田圭佑【写真:Getty Images】

バンガ戦に勝利後、自身のYouTubeチャンネルでライブ配信を行い、デビュー戦を総括

 リトアニア1部スドゥバに移籍した元日本代表MF本田圭佑は、26日に行われたリーグ第30節バンガ戦(4-0)で新天地デビューを果たし、移籍後初ゴールも決めた。試合後には自身の公式YouTubeチャンネルでライブ配信を行い、ファンからの質問に答える形で「Jリーグのほうがレベルが高い」と語った。

 現在35歳の本田は、2005年に名古屋グランパスでプロデビュー。その3年後、VVVフェンロ(オランダ)へ移籍を果たすと、そこからCSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)、パチューカ(メキシコ)、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、フィテッセ(オランダ)、ボタフォゴ(ブラジル)、ネフチ・バクー(アゼルバイジャン)と、海外クラブを渡り歩いてきた。

 今年3月に加入したネフチではリーグ戦7試合2ゴールをマークしたものの、契約満了により6月にチームを退団。その後フリーとなっていたなか、今月14日にリトアニア1部スドゥバへの移籍を発表した。

 海外8カ国目となるリトアニアでのデビュー戦は、右ウイングで先発出場。積極的にボールを受けて攻撃に絡む姿勢を見せると、1点リードで迎えた後半19分にはペナルティーエリア内で味方の浮き球のパスを胸トラップで落とすと、すぐさま右足でシュート。ジャストミートではなかったが、シュートはゴール左隅に決まって貴重な追加点となった。

 本田は足がつったこともあって後半30分に途中交代。試合後のYouTubeライブ配信では、まず「もっとやれたなという反省点のほうが多い」と口にした。

「心肺機能とか体全体のパワー系のフィーリングはすごく良かったけど、ふくらはぎにストレスが来ていた」

 そのなかで、「Jリーグとどちらがレベルが高かったですか?」というファンからの質問に対して、本田は自らの見解を述べている。

「さすがに無理があって、Jリーグのほうがレベルが高い。でも、試合は相対的な目で考えないといけない。リーグが強くても、例えば相手が格上ばかりなら活躍するのは難しいし、チームに合流して、コンビネーションの面でまだ自分を理解してもらえていないとか、相手のことを理解し切れていないのが難しい。それをいかに短い期間で解決するかが今回の命題。点を取ると、すぐにチームに認められ始めるのでなんとか結果がほしかった」

 宣言通り、新天地デビュー戦でゴールを決めた本田。残りの試合でどれだけのパフォーマンスを見せられるか、注目が集まる。

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も