新潟監督、劇的決勝ゴールに“歓喜のダッシュ写真”投稿で反響 「選手より疲れたのか(笑)」

新潟のアルベルト・プッチ・オルトネダ監督【写真:Getty Images】
新潟のアルベルト・プッチ・オルトネダ監督【写真:Getty Images】

アルベルト監督、後半アディショナルタイムにロメロ・フランクの決勝点が生まれて歓喜

 アルビレックス新潟は25日、ホームでのJ2リーグ第31節でヴァンフォーレ甲府を1-0で下し、3位をキープした。アルベルト・プッチ・オルトネダ監督は試合後、自身のツイッターで「今日は選手よりも疲れたので(残業はせずに)早めに寝ようと思います」と勝利を喜んだ。

 5月上旬を最後に連勝がなく、リーグ首位からも陥落した新潟。直近4試合も1勝1分2敗だったなかで、甲府との3位・4位直接対決となった。

 試合は白熱の攻防が続き、後半アディショナルタイムまでスコアレス。すると、アディショナルタイム1分に歓喜の瞬間が訪れる。新潟はMF島田譲がペナルティーエリア手前から浮き球のパスを出すと、ペナルティーエリア内でFW谷口海斗が相手と競り合いながら肩でボールを落とす。このパスに反応したMFロメロ・フランクが左足で豪快に蹴り込み、劇的な決勝ゴールを奪った。

 アルベルト監督は試合後、ツイッターに「サポーターのみなさん、最後の瞬間までハラハラドキドキさせてしまい、すいませんでした… 尊敬に値する難敵相手だったが故にこの勝利は格別です。今日は選手よりも疲れたので(残業はせずに)早めに寝ようと思います。みなさん、応援ありがとうございました!Visca Albirex!!!」と投稿。写真では、ロメロ・フランクのゴールが決まった瞬間、歓喜で走り出している自身の姿が黄色いマルで囲われている。

 ファンは、アルベルト監督のユーモアあふれる投稿に、「熱さと可愛さは推せる」「喜び過ぎて試合後のインタビューで忘れるとか最高です」「選手より疲れたのか(笑)」「監督が一番興奮してる」「泣けました」と反応していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング