浦和DF、圧巻の約50m“タッチダウン・アシスト”で父に感謝 「ありがとな」

浦和DF岩波拓也【写真:Getty Images】
浦和DF岩波拓也【写真:Getty Images】

岩波はC大阪戦の後半14分、絶妙なロングフィードで汰木のゴールをお膳立て

 浦和レッズは18日に行われたJ1リーグ第29節セレッソ大阪戦で2-0と勝利し、無敗記録を「6」に伸ばした。浦和公式ツイッターは、チーム2点目を呼んだDF岩波拓也の約50メートルを正確に飛ばした“タッチダウン・アシスト”を紹介している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 1トップにMF江坂任、2列目にMF関根貴大、MF小泉佳穂、MF汰木康也と並べた浦和は前半10分、関根のスルーパスから江坂がネットを揺らして先制。その後、スコアは動かずに進んだが、DF岩波が最後方から流れを変えた。

 後半14分、岩波が自陣中央から前線へロングボールを供給。これに抜け出した汰木がDFに挟まれながら敵陣ペナルティーアーク付近で鮮やかなトラップを決めると、バランスを崩しながらも右足でシュートを放つ。ジャストミートでこそながったが、グラウンダーのシュートは相手GKの股を抜いてそのままゴールへ吸い込まれ、浦和に待望の2点目が入った。

 浦和公式ツイッターは、得点シーンのハイライトとともに、解説の「すごいタッチダウンパスですね!」というフレーズを紹介。ファンからは「ピンポイントでうますぎ」「タッチダウン 言い得て妙だな」「ナイスボール」といった声のほか、汰木の動き出しと絶妙トラップを称えるコメントも多く見受けられた。

 岩波は投稿を引用する形で、「ロングキックを教えてくれた親父。ありがとうな。でもロングキックしか教えてくれんかった」と父親に感謝のメッセージを送っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も