浦和がタイ1部ムアントンとパートナーシップ締結 「あらゆる分野でアジアNo.1を目指す」

(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】
(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】

人材交流も含めて「双方がアジアNo.1の座を争うチームになれるようにしたい」

 浦和レッズは16日、タイのムアントン・ユナイテッドとパートナーシップに関する覚書を締結。両クラブが共同会見を行い、人材交流などが活動内容に含まれると発表した。

 両者はチームカラーが「赤、白、黒」と共通で、2013年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で対戦した経験もある。またムアントンは、タイ国内の大手メディア企業である「サイアム・スポーツ・シンジケート」がオーナーを務め、同社はJリーグのタイ国内放映権を取得して毎節放映している。

 浦和の立花洋一代表は今回の提携について、「アジア、タイのクラブと提携するに至った大きな理由は、コロナ禍で新たな事業を行う必要に迫られ、その中に海外事業を拡大する動きがあった。タイのマーケットは非常に魅力的なもの。あらゆる分野でアジアのナンバーワンを目指すというビジョンもある」と話した。

 今回の合意事項には、「選手・コーチを含む人材の知識、アイデア、技術・トレーニング手法の学び等を通じて、連携を強め、発展を目指す」、「ニーズに応じた、若手選手を中心とした人材交流」、「フットボールセミナーやフレンドリーマッチ等のイベント開催」、「事業開発等の新たなビジネス機会の検討」があると発表されている。

 浦和の戸苅淳フットボール本部長は、「こうした提携の関係により、双方がアジアナンバーワンの座を争うチームになれるようにしたい。特に若手やコーチングスタッフは、住み慣れた国内だけではなく、言葉の通じない海外で自己主張してレギュラーを獲得することや、提携を通じて文化の異なる環境で生活し、人として成長できる機会が持てることに期待している。浦和としても有望なタイ選手を獲得してプレーしてもらうことにも期待している。若い世代の交流を通して、双方の持ち知識や経験、コーチング手法やリソースを共有したい」と、人材交流への期待を口にした。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド