「惚れ惚れする」「スーパー」 名古屋ランゲラック、高精度FKを防ぐ神セーブに反響

大邱FC戦での勝利に貢献したGKランゲラック【写真:Getty Images】
大邱FC戦での勝利に貢献したGKランゲラック【写真:Getty Images】

前半14分、大邱FCのブラジル人MFブルーノ・ラマの完璧なFKにスーパーセーブを披露

 名古屋グランパスは、14日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦で大邱FC(韓国)を4-2で破り、ベスト8に駒を進めた。この日の攻撃の主役がハットトリックを達成したポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォクなら、守備の主役は元オーストラリア代表GKランゲラック。相手の完璧な直接FKを防ぐスーパーセーブに反響が寄せられている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 名古屋は前半4分に先制を許すも、同12分にシュヴィルツォクのゴールで同点に追いつく。直後の前半14分だった。名古屋はペナルティーアーク後方のゴールから約25メールの距離でFKを献上してしまう。大邱FCのキッカーはブラジル人MFブルーノ・ラマ。左足をコンパクトに振り抜いたスピードある一撃はゴール右上隅へ一直線に向かったが、守護神ランゲラックが左手一本で弾き、あわやゴールのピンチをしのいだ。

 ACL公式ツイッター日本語版は「SAVE」のハッシュタグでランゲラックのセーブ動画を公開。ファンからは称賛の言葉が相次いだ。

「本当に凄かった」
「最高!神すぎ!!」
「身体能力、動体視力、反射神経、いずれも惚れ惚れする」
「これがチームの流れを変えた」
「スーパーセーブすぎる」

 名古屋はその後、前半28分に再び勝ち越されるも、後半にシュヴィルツォクが2ゴール、DF中谷進之介がダメ押しの4点目を挙げ、4-2で大邱FCに競り勝った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も