「自信を持ってメンバー交代してほしい」 元日本代表DFが中国戦勝利の森保Jにリクエスト

選手を使うことでの“底上げ”の必要性を栗原氏は説明

「伊東が相手のサイドをシンプルに縦に突破して点になりました。ああいうプレーをどんどんやってほしいし、そうでないと日本は点を取れない。あれがあるから中の攻撃も行けるし、中の攻撃があるから外も生きる。大迫もその前に入ったと思ったチャンスを外したけど、何十倍も難しいシュートを入れるあたりはさすがだと思いました」

 もっとも、「オマーンのほうが中国よりも上だった」と語る栗原氏は、中国の戦術に助けられたとし、森保監督にも選手交代を含めて積極的な采配を振るってほしいとリクエストする。

「勝ち点3を取らなければいけないところで、内容が悪かろうが、勝ち点3を取れたのが一番大きい。ただ、中国がゴリゴリに真っ向勝負してきたら、どっちに転ぶか分からなかったと思います。流れが悪い、1-0で勝っているのもありますけど、最後は大迫も疲れが見えていたし、オナイウ阿道とかフレッシュな選手を入れてもいい。今は日本代表も選手層が厚く、誰が出てもそれなりにできるはず。大きく変えることを嫌うのも理解できますけど、そういうところで使って底上げしていかないと厳しいので、自信を持ってメンバー交代もしてほしいですね」

 10月にはサウジアラビア、オーストラリアとの対戦が控え、今回以上に難しいシリーズになる。日本としては、初戦黒星を取り返すべく、連勝を飾りたいところだ。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング