「裸の大胆行動」 衝撃姿で記者会見のアントワープ監督に現地言及「人気がある」

アントワープのブライアン・プリスケ監督【写真:Getty Images】
アントワープのブライアン・プリスケ監督【写真:Getty Images】

プリスケ監督は試合前の選手たちとの賭けどおり、裸で記者会見に登場

 ベルギー1部アントワープの監督が見せた“裸の人心掌握術”が注目を集め、地元紙は「選手からさらに愛されている」と伝えている。

 アントワープは現地時間8月26日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ第2戦でオモニア・ニコシア(キプロス)と対戦。敵地での第1戦は2-4と敗れ、あとがない状況のなかで、前半28分に日本代表MF三好康児の鮮やかなループシュートで先制すると、後半39分にはベルギー人MFピーター・ゲンキンスがゴールを決め2-0で勝利し、2戦合計スコアでタイに追いつく。

 その後、延長戦でも決着はつかず、試合はPK戦へ。先行の相手が5人中3人失敗したのに対し、アントワープは三好を含む4人中3人が成功し、見事にEL本戦出場権を獲得した。

 アントワープのブライアン・プリスケ監督は、試合後の記者会見に笑みを浮かべながら上半身裸、下半身はタオル1枚という姿で登場。ベルギー紙「HLN」などでは、指揮官は試合前に選手たちと「もしクリーンシートで勝ち進んだら、裸で記者会見をする」と約束していたと伝えられ、クラブ公式ツイッターが「待って、ここでいったい何が?」と裸で会見に臨んだ44歳のプリスケ監督の写真をアップして話題を呼んだ。

「HLN」紙は、「ブライアン・プリスケは“裸の大胆行動”で選手からさらに愛されている」と見出しを打ち、「アントワープでは彼はコーチとして素晴らしいと思われており、非常に人気がある」とモチベーターとしての一面も高く評価していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング