「ただただ恥ずかしい」 岐阜MF柏木陽介、リーグ再開初戦の4失点大敗を悔恨

FC岐阜元日本代表MF柏木陽介【写真:ⓒKaz PhotographyFC GIFU】
FC岐阜元日本代表MF柏木陽介【写真:ⓒKaz PhotographyFC GIFU】

リーグ再開初戦、後半に25分間で4失点を喫して福島に大敗

 FC岐阜は28日、再開初戦となったJ3リーグ第16節福島ユナイテッド戦に0-4で大敗。フル出場した元日本代表MF柏木陽介は試合後、インスタグラムで「ただただ恥ずかしい」と悔しさを滲ませた。

 約1カ月半の中断期間を経て、再開となったJ3。前半戦を2位で折り返した岐阜は、6位・福島との対戦となったが、試合は相手に攻め込まれる展開が続く。

 GK桐畑和繁の好セーブで前半は無失点で切り抜けたが、後半9分に福嶋DF吉永大志にゴールをこじ開けられると、25分間で4失点と守備が崩壊。トップ下でプレーした柏木は、後半7分に中盤から前線のFW川西翔太へロングボールを通すなど、懸命のゲームメークを試みたが、チームはシュート15本を浴びて今季ワーストの4失点で敗れ、暫定5位に後退した。

 柏木は試合後、インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で「ただただ恥ずかしい。この負けを糧にしなきゃいけない。一人一人の意識、メンタル。負けていい試合なんて一つもない。応援ありがとうございました」と胸中を吐露した。

 チーム随一の経験とテクニックを誇るだけに、柏木にはチームの立て直し役が期待される。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング