ペットボトル直撃被害のパイェに制裁? マルセイユが「恐れていること」を仏メディア指摘

マルセイユFWディミトリ・パイェ【写真:Getty Images】
マルセイユFWディミトリ・パイェ【写真:Getty Images】

投げ込まれたペットボトルがパイェを直撃して乱闘騒ぎに…出場停止処分の可能性も浮上

 フランス1部マルセイユのフランス代表FWディミトリ・パイェは、現地時間22日に行われたリーグ・アン第3節ニース戦で、敵地サポーターからペットボトルを投げつけられ、背中に傷を負った。ただ、そのペットボトルを投げ返した行為により、フランス・プロリーグ機構(LFP)から“制裁”を受ける可能性があるという。フランス・メディア「Le10Sport」が報じた。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 試合はホームのニースが後半3分、デンマーク代表FWカスパー・ドルベリのゴールで先制。1点ビハインドとなったマルセイユが反撃を試みるなか、後半30分に事件が起こった。

 敵陣コーナー付近のマルセイユFWパイェに向かってニースサポーターが陣取るゴール裏からペットボトルが投げ込まれ、これがパイェの背中を直撃。激昂したパイェがペットボトルを拾い、怒りの形相でこれをスタンドへ投げ返した。

 ニースのブラジル人DFダンテとフランス人DFジャン=クレール・トディボが止めに入ったが、サポーターたちもヒートアップ。次々と物が投げ込まれ、マルセイユの選手たちも怒りを露にし、両チーム入り乱れて一触即発に。サポーターも暴徒化して次々とピッチに侵入してマルセイユの選手たちに掴みかかる事態となり、試合は中断となった。

 両チームの選手たちは一度ロッカーに下がり、45分以上の中断を経て、マルセイユが再開を拒否して、そのまま打ち切りとなった。

 フランス・メディア「Le10Sport」は、「パイェに大きな制裁はあるのか?」と見出しを打ち、マルセイユの“懸念”についてレポートしている。

「ニース対OM(オリンピック・マルセイユ)の試合中に発生した騒動に加わり、パイェはLFPの懲戒委員会により、厳しい制裁を受ける可能性がある。いずれにせよ、この事態はクラブが恐れていることだ」

 記事によれば、両クラブは現地時間25日にLFP懲戒委員会によって審議される予定。「パイェはボトルの直撃を受けた背中に跡が残っているにもかかわらず、その後の行動が出場停止を受ける可能性がある。OMはパイェが“被害者”だと考えているため、これを不当とするだろう。開幕の良い状態を壊してしまう可能性がある」として、開幕2試合で3ゴールを挙げているパイェを場合によっては欠くことになる可能性を指摘している。

 果たして、マルセイユとニース、サポーターによる騒動はどのような結末を迎えるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  3. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  4. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  5. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  8. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  9. 「恐るべし」 元日本代表MF中田英寿氏がコンバイン運転で米収穫に脚光「何でも様になる」

  10. 浦和モーベルグ妻、ミニ丈ワンピで銀座出没に反響 珍しいパールピンク壁前で報告「美しい」「めっちゃ可愛い」の声