ペットボトル直撃被害のパイェに制裁? マルセイユが「恐れていること」を仏メディア指摘

マルセイユFWディミトリ・パイェ【写真:Getty Images】
マルセイユFWディミトリ・パイェ【写真:Getty Images】

投げ込まれたペットボトルがパイェを直撃して乱闘騒ぎに…出場停止処分の可能性も浮上

 フランス1部マルセイユのフランス代表FWディミトリ・パイェは、現地時間22日に行われたリーグ・アン第3節ニース戦で、敵地サポーターからペットボトルを投げつけられ、背中に傷を負った。ただ、そのペットボトルを投げ返した行為により、フランス・プロリーグ機構(LFP)から“制裁”を受ける可能性があるという。フランス・メディア「Le10Sport」が報じた。

 試合はホームのニースが後半3分、デンマーク代表FWカスパー・ドルベリのゴールで先制。1点ビハインドとなったマルセイユが反撃を試みるなか、後半30分に事件が起こった。

 敵陣コーナー付近のマルセイユFWパイェに向かってニースサポーターが陣取るゴール裏からペットボトルが投げ込まれ、これがパイェの背中を直撃。激昂したパイェがペットボトルを拾い、怒りの形相でこれをスタンドへ投げ返した。

 ニースのブラジル人DFダンテとフランス人DFジャン=クレール・トディボが止めに入ったが、サポーターたちもヒートアップ。次々と物が投げ込まれ、マルセイユの選手たちも怒りを露にし、両チーム入り乱れて一触即発に。サポーターも暴徒化して次々とピッチに侵入してマルセイユの選手たちに掴みかかる事態となり、試合は中断となった。

 両チームの選手たちは一度ロッカーに下がり、45分以上の中断を経て、マルセイユが再開を拒否して、そのまま打ち切りとなった。

 フランス・メディア「Le10Sport」は、「パイェに大きな制裁はあるのか?」と見出しを打ち、マルセイユの“懸念”についてレポートしている。

「ニース対OM(オリンピック・マルセイユ)の試合中に発生した騒動に加わり、パイェはLFPの懲戒委員会により、厳しい制裁を受ける可能性がある。いずれにせよ、この事態はクラブが恐れていることだ」

 記事によれば、両クラブは現地時間25日にLFP懲戒委員会によって審議される予定。「パイェはボトルの直撃を受けた背中に跡が残っているにもかかわらず、その後の行動が出場停止を受ける可能性がある。OMはパイェが“被害者”だと考えているため、これを不当とするだろう。開幕の良い状態を壊してしまう可能性がある」として、開幕2試合で3ゴールを挙げているパイェを場合によっては欠くことになる可能性を指摘している。

 果たして、マルセイユとニース、サポーターによる騒動はどのような結末を迎えるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド