「まさに左足の芸術家」 37歳MF藤本淳吾、絶妙ループ弾に賛辞「相変わらずうまい」

相模原MF藤本淳吾【写真:Getty Images】
相模原MF藤本淳吾【写真:Getty Images】

新潟戦で技ありの先制ゴールを決めて健在ぶりをアピール

 SC相模原は22日、J2リーグ第26節でアルビレックス新潟と敵地で対戦し、1-2で敗れた。上位相手に先制しながらの逆転負けとなり最下位に転落したが、37歳の元日本代表MF藤本淳吾が決めた技ありループシュートに「テクニックは錆つかない!」など称賛の声が寄せられている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 2006年に清水エスパルスでJリーグデビューし、名古屋グランパス、横浜F・マリノス、ガンバ大阪と強豪を渡り歩き、日本代表でも活躍した藤本。19年途中にJ2京都サンガF.C.に期限付き移籍すると、翌20年8月にはJ3の相模原に加入し、チーム史上初のJ2昇格に貢献した。

 在籍2年目となった今季は、ここまで主力の1人としてコンスタントにプレー。敵地での新潟戦にもスタメン出場すると、0-0で迎えた前半29分に魅せる。相模原が中央から崩すと、スルーパスにFW澤上竜二が抜け出すも、飛び出してきた相手GKに防がれてボールがこぼれる。これを拾ったMF安藤翼が右足アウトサイドで藤本につなぐと、ペナルティーアークで受けたレフティーは足裏でトラップ。目の前には相手選手4人がいたが、GKが飛び出し無人となったゴールに向かって左足でループシュートを選択すると、ボールはゴールネットに吸い込まれた。

 この先制ゴールの映像をJリーグ公式ツイッターが投稿すると多くのファンが反応。「相変わらずうまい」「テクニックは錆つかない!」「淳吾さんらしい落ち着いたオシャレなゴール」「まさに左足の芸術家!」など、37歳レフティーの健在ぶりに歓喜の声を上げていた。

 試合はその後に2点を奪われ1-2で敗戦。2連勝を逃して再び最下位転落となったが、残留圏内の18位愛媛FCとは勝ち点4差と混戦となっている。J2残留へ向けて、藤本の左足にかかる期待は大きい。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  3. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  4. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  5. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  6. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  7. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  8. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」

  9. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  10. 「恐るべし」 元日本代表MF中田英寿氏がコンバイン運転で米収穫に脚光「何でも様になる」