「冗談でしょ!?」 GK呆然…コロンビアDFの“弾丸ボレー”に海外驚嘆「とてつもない」

シアトル・サウンダースのコロンビア人DFジミー・メドランダ【写真:Getty Images】
シアトル・サウンダースのコロンビア人DFジミー・メドランダ【写真:Getty Images】

シアトルDFメドランダ、CKのサインプレーから豪快な一撃を叩き込む

 米MLS(メジャーリーグサッカー)のシアトル・サウンダースは現地時間15日、敵地でポートランド・ティンバーズと対戦し、6-2で大勝した。圧巻のゴールラッシュを見せたなか、コロンビア人DFジミー・メドランダが決めた衝撃的な弾道のボレーシュートに、海外メディアも「冗談でしょ!?」など驚嘆の声を上げている。

 ウェスタン・カンファレンスで首位争いを演じるシアトルは、直近3試合で未勝利(1分2敗)と足踏みが続いたが、ポートランド戦で攻撃が爆発した。前半にFWフレディ・モンテーロが2ゴールを決め、その後いったんは追いつかれるも、後半10分、27分とFWラウル・ルイディアスが決めて4-2と勝ち越した。

 そして、後半32分に衝撃のゴールが生まれる。右CKのキッカーを務めたMFジョアン・パウロが、右足でライナー性のアウトスイングのクロスを供給。ペナルティーエリア内のファーサイドに飛んだボールに対し、フリーで待ち構える形となったメドランダは、ダイレクトで利き足の左足を一閃。衝撃的な弾丸シュートはクロスバーをかすめながらゴールにニア上を撃ち抜き、一歩も動けなかった相手GKは呆然と立ち尽くした。

 このスーパーゴールに海外メディアも反応。衛星放送「FOXスポーツ」公式ツイッターが「冗談でしょ!? ジミー・メドランダのなんてボレーだ」と綴れば、「ESPN Fútbol Colombia」公式ツイッターも「とてつもないゴラッソ!」と驚嘆。また、英衛星放送「スカイ・スポーツ」監修の番組「Soccer AM」公式ツイッターは「完璧なコーナーキックのルーティン」と、キッカーを含めたチーム全体のサインプレーを称えていた。

 最終的に6-2と大勝を収めたシアトル。サインプレーから生まれた会心のゴラッソは、チームを再び勢いづかせる一撃になったかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング