ロンドン五輪の一撃を彷彿!? 磐田FW大津祐樹の華麗ボレー弾に反響「何回見ても綺麗」

ジュビロ磐田でプレーするFW大津祐樹【写真:高橋 学】
ジュビロ磐田でプレーするFW大津祐樹【写真:高橋 学】

9日の甲府戦で一時勝ち越し点となる今季5ゴール目をマーク

 ジュビロ磐田の元日本代表FW大津祐樹は、9日に行われたJ2リーグ第24節ヴァンフォーレ甲府戦(2-2)で今季5点目を挙げた。華麗なボレーでの一撃に、「ハットさんとゴンさんのおかげ」と感謝している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 中断明け初戦となった甲府戦、大津は8試合連続でスタメン出場。シャドーに入り、精力的なプレーを見せた。

 渾身の一撃は、1-1で迎えた後半8分に飛び出す。元日本代表MF遠藤保仁の左コーナーキックをファーサイドでMF鈴木雄斗がそらすも、相手DFメンデスにクリアされてボールは高く浮き上がる。すると、ペナルティーエリア中央に落ちてくるボールに大津が素早く反応。右足をコンパクトに振り抜いてボレーシュートを放ち、これがゴール左隅に決まって勝ち越しに成功した。

 磐田公式ツイッターは「クリアボールを大津選手がダイレクトで蹴り込み、今季5点目。美しい軌道のスーパーゴールでした」と動画を公開。大津はこの投稿を引用し、「日々のシュート練習で付き合ってもらっているハットさんとゴンさんのおかげのゴール。#練習あるのみ」と綴り、服部年宏ヘッドコーチと中山雅史コーチとの特訓の成果だと感謝した。

 試合は後半アディショナルタイムに失点し、惜しくも2-2の引き分けに終わったが、大津の一撃に対しては「何回見ても綺麗なシュート」「スーパーゴール」「オリンピックの時みたいなゴール!」「彼の経験値の高さは隠しきれない」と称賛の声が多数寄せられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  5. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  6. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  7. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  8. 英記者が日本代表の4選手に低評価「ポジションを失った」「クオリティーが足りない」 エクアドル戦先発11人の採点は?

  9. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  10. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」