三笘薫が英1部ブライトンと4年契約 新シーズンはベルギーへ、クラブTD期待「成長が楽しみ」

三笘薫のブライトン移籍が発表【写真:Getty Images】
三笘薫のブライトン移籍が発表【写真:Getty Images】

2021-22シーズンはベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへレンタル

 プレミアリーグのブライトンは10日、川崎フロンターレのU-24日本代表MF三笘薫を獲得したことを発表した。条件は非公表ながら4年契約にサイン、2021-22シーズンはベルギー1部のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへ期限付き移籍する。

 筑波大から川崎入りした三笘は、ルーキーイヤーの2020年にリーグ戦30試合でいきなり13ゴールを記録。今季も20試合で8ゴールを挙げ、東京五輪のメンバー入りを果たしていた。

 大会前の怪我の影響もあり、ベンチ外の試合もあったが、3位決定戦のメキシコ戦は意地のゴールをマーク。独特のリズムトステップを生かしたドリブルで強豪を苦しめた。

 大会前から海外移籍の噂もあったなかで、プレミアリーグのブライトン移籍が決定。4年契約を結び、新シーズンはベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへ期限付き移籍する運びとなった。

 ブライトンのダン・アシュワース・テクニカルディレクターは、公式サイトを通じ、「彼は我々がしばらく追ってきた人物。来年の成長を楽しみにしている。ベルギーでの期間も彼を見守っていく」と語っている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング