「メダルなしで涙の海」 久保建英が…吉田麻也が…、日本の失意の敗北に韓国紙反応

落ち込む久保を慰める主将の吉田【写真:Getty Images】
落ち込む久保を慰める主将の吉田【写真:Getty Images】

3位決定戦でメキシコに1-3で敗れ、53年ぶりの銅メダル獲得ならず

 U-24日本代表は6日、東京五輪サッカー男子の3位決定戦でメキシコに1-3で敗れ、1968年大会以来の銅メダル獲得はならなかった。グループリーグで攻撃を牽引したMF久保建英、キャプテンのDF吉田麻也が人目をはばからずに涙したが、韓国紙は「メダルなしで“涙の海”」と、その様子を伝えている。

 53年ぶりの銅メダルを目指した日本だったが、序盤から苦しい展開。前半11分、MF遠藤航が自陣ペナルティーエリア内で相手を倒してPKの判定を受ける。これをメキシコMFセバスティアン・コルドバに決められると、同22分にはFKからDFホアン・バスケスにヘディングシュートを叩き込まれて前半を0-2で折り返した。

 反撃に出たい後半だったが、同13分にまたもセットプレーからFWアレクシス・ベガにヘディングシュートを叩き込まれ、痛恨の3失点目。その後、同33分に途中出場のMF三笘薫がシュートフェイントから鮮やかな突破を見せ、左足で決めて1点を返したが、そのまま1-3で終了した。

 試合終了を告げるホイッスルが鳴り響くと、すべてを出しきった日本の選手は次々とピッチに倒れた。久保もその場にうずくまると、メキシコの選手やMF相馬勇紀、GK大迫敬介らチームメートが健闘を称えにくるなかで、人目をはばからずに号泣。オーバーエイジで参加したキャプテンの吉田も「完敗」と目を潤ませた。

 韓国紙「朝鮮日報」は「メダルなしで“涙の海”。クボは号泣で起き上がれず」との見出しで、3位決定戦で敗れ、4位に終わった日本の様子をレポートしている。

「メキシコに敗れ、クボはグラウンドに倒れ込み、そして号泣。嗚咽してなかなか立ち上がれなかった。代表の仲間が次々に来て、彼を慰めた。主将のヨシダ(吉田麻也)も目を腫らしていたが、クボに近づいて慰めた。それでもすぐに起きれないほど、クボの失望感は大きかった。日本は1968年以来となる、53年ぶりの銅メダル獲得を狙ったが、その野望は叶わなかった。これがサッカーだ。決して思い通りにはいかない」

 韓国もメダル獲得を目指してベスト8で姿を消しただけに、目標に手が届かなかった苦しみに理解を示すかのような記事の締めくくりとなっていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング