U-24日本代表、三笘の今大会初ゴールで1点返す! フェイントで2人かわし得点

U-24日本代表MF三笘薫【写真:Getty Images】
U-24日本代表MF三笘薫【写真:Getty Images】

53年ぶりの銅メダル獲得へメキシコと対戦

 U-24日本代表は6日、東京五輪サッカー男子の3位決定戦でメキシコと埼玉スタジアムで対戦。3点ビハインドで迎えた後半33分、三笘の今大会初ゴールで1点を返した。

 勝てば1968年メキシコ五輪以来、53年ぶりの銅メダル獲得となる日本だったが前半11分、MF遠藤航がFWアレクシス・ベガをペナルティーエリア付近で倒したプレーがPKと判定されると、これをFWセバスティアン・コルドバに決められ先制点を献上。さらに同22分にはコルドバのFKからDFホアン・バスケスに頭で合わせられ、リードを2点に広げられる。

 反撃に出たい日本だが、攻撃のキーマンとなるMF久保建英とMF堂安律を起点とした厚みのある攻めにつながらず、同24分のMF相馬勇紀、その4分後に獲得したFKから久保が放ったシュートはゴールを脅かせず、0-2のスコアのままハーフハイムを迎えた。

 後半も劣勢が続いたなか、同13分にCKからコルドバに頭で3点目を決められた日本。それでも同33分、途中出場のMF三笘薫が一矢報いる。ペナルティーエリア内左でボールを受けると、マッチアップした2人をフェイントでかわし、ニアサイドにシュートを突き刺した。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング