「メキシコに1-3の惨事」 日本、53年ぶりメダル獲得逸に韓国紙言及「夢が崩壊」

日本はグループリーグで勝利したメキシコに3位決定戦では完敗【写真:Getty Images】
日本はグループリーグで勝利したメキシコに3位決定戦では完敗【写真:Getty Images】

グループリーグで勝利したメキシコに3位決定戦では完敗

 U-24日本代表は6日、東京五輪サッカー男子の3位決定戦に1-3で敗れ、53年ぶりの銅メダル獲得を逃した。グループリーグでは勝利した相手に力負けを喫する形になり、韓国紙は「メキシコに1-3の惨事」と報じている。

 日本はグループリーグで2-1と勝利を収めたメキシコを相手に、序盤から苦しんだ。前半10分に日本陣内の右サイド45度の位置からドリブル突破にかかった相手をMF遠藤航が倒してしまいファウルの笛。ペナルティーエリアの中か外か微妙な位置だったが判定はPKとなり、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)のチェックでも判定は変わらなかった。これをメキシコMFセバスティアン・コルドバに流し込まれ、前半13分に0-1のビハインドとなった。

 さらに同22分には日本陣内右サイドからのFKがゴール前に入ったところ、DFホアン・バスケスが遠藤の前に入り込んでヘディングシュートを決めて追加点。日本にとっては厳しい2点ビハインドになった。

 日本は後半13分にも、相手選手の負傷交代で少し時間がかかった直後のCKをFWアレクシス・ベガにヘディングシュートで決められて3失点目。後半33分に途中出場のMF三笘薫が個人技からGKギジェルモ・オチョアの牙城を崩して1点を返したが、追加点は奪えず。1-3で敗れて、1968年大会以来となる銅メダル獲得は果たせなかった。

 キャプテンのDF吉田麻也は試合後のインタビューで「完敗です。もう、完敗でした」と悔しさを滲ませたが、韓国紙「朝鮮日報」は、「銅メダルも獲得失敗…自国開催で日本メダルなし。メキシコに1-3の惨事」との見出しで結果をレポートしている。

「3位決定戦の相手はメキシコ。グループリーグで一度対戦して日本が2-1で勝利したが、今回はメキシコの集中力が上回った。日本の夢が崩壊した。銅メダルさえ獲得できず、最後にメキシコが笑った」

 自国開催での金メダル獲得が叶わなかったなか、53年ぶりのメダル獲得にも手が届かなかった悔しさはMF久保建英の涙が物語っていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング