「守備の中心に君臨した」最高評価の3人は? 英国人記者がスペイン戦“先発11人”を採点

英国人記者がスペイン戦“先発11人”を採点【写真:Getty Images】
英国人記者がスペイン戦“先発11人”を採点【写真:Getty Images】

スペインと120分の死闘、0-1で惜敗も粘り強く戦った守備陣に高評価

 U-24日本代表は3日、東京五輪サッカー男子の準決勝でスペインと対戦した。金メダル候補相手にボールを保持される展開となったが、粘り強い守備で奮闘。前後半の90分間をスコアレスで終えたが、延長後半10分に途中出場したFWマルコ・アセンシオに決勝ゴールを決められて0-1で敗れ、史上初の決勝進出は果たせなかった。
 
 この大一番に先発した日本の11人を、かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏が採点。1失点したものの、スペインの攻撃をはね返し続けたDF吉田麻也とDF板倉滉のセンターバックコンビ、そして最終ラインの前で抜群の危機察知能力を発揮したMF遠藤航の3人に、チーム最高タイの「8点」を与えて称賛した。

   ◇   ◇   ◇

東京五輪・スペイン戦のU-24日本代表スタメン11人の採点(10点満点)

【GK】
■谷 晃生(湘南ベルマーレ) 7点
 結果が違えば、ラファ・ミルは谷が寝込みを襲うのを待っていると思いながら眠りにつかなければならなかっただろう。谷はウルブスのストライカーを何度も阻んだ。ディストリビューション(配球)が理想的ではない部分もあったが、良いパフォーマンスだった。

【DF】
■酒井宏樹(浦和レッズ) 6点
 守備は堅実だったが、日本が優位に試合を進めている時に見られるような、前に出て堂安と連係するプレーはほとんどなかった。しかし、いくつかの堅実なチャレンジはスペインを阻んでいた。

■吉田麻也(サンプドリア) 8点
 キャプテンとしての努力と気概を示すパフォーマンス。板倉と並び、ディフェンスの中心に君臨していた。冷静さを保ち、VARでPK判定が覆されたものも含めて、いくつかの素晴らしいタックルで模範となっていた。

■板倉 滉(マンチェスター・シティ) 8点
 板倉はまたしても冨安の代役以上のものを提供した。ボローニャの男がいなくても、日本のディフェンスが効果的であることを証明した。少なくとも3回、完璧なタイミングでのシュートブロックがあった。力強いパフォーマンスだった。

■中山雄太(ズウォレ) 6点
 またも警告を受けたが、ハードワークし、堅実な守備でスペインの攻撃を阻もうと努めていた。日本は集団としてよく機能し、そのなかで中山も良くやっていた。

page1 page2

マイケル・チャーチ

アジアサッカーを幅広くカバーし、25年以上ジャーナリストとして活動する英国人ジャーナリスト。アジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ6大会連続で取材。日本代表や日本サッカー界の動向も長年追っている。現在はコラムニストとしても執筆。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  5. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  6. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  7. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  8. 英記者が日本代表の4選手に低評価「ポジションを失った」「クオリティーが足りない」 エクアドル戦先発11人の採点は?

  9. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  10. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」