「すべてのデュエルに勝利」 スペイン戦の日本を海外メディアが採点、単独最高点は?

日本代表の守備陣の奮闘を高く評価【写真:AP】
日本代表の守備陣の奮闘を高く評価【写真:AP】

「グローボ・エスポルチ」が採点記事を公開、守備陣の奮闘を高く評価

 U-24日本代表は3日、東京五輪サッカー男子の準決勝でスペインと対戦し、粘り強い守備で奮闘したものの延長戦の末に0-1と惜敗した。強豪相手にメダル確定を懸けて戦った一戦の結果を受けて、ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は採点記事を公開。DF吉田麻也に単独最高の7.5点を与え、「キャリア最高のパフォーマンスの一つ」と称えた。

 53年ぶりのメダル獲得と史上初の決勝進出を目指す日本が、1992年バルセロナ大会以来の金メダルを狙うスペインに挑んだ大一番。序盤から地力で勝るスペインにボールポゼッションで押し込まれ、前半39分にはスペインFWラファ・ミルに抜け出されるも、GK谷晃生が好セーブを見せて0-0でハーフタイムを迎えた。

 後半も一度はPKを宣告されながら、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の進言によって取り消されたDF吉田麻也の好守などによって無失点でゲームを進めると、後半33分にはMF久保建英が左サイドから仕掛けて左足でシュート。後半アディショナルタイムにはカウンターからMF堂安律が鋭く抜け出すと、スペインMFマルティン・スビメンディがたまらずにユニフォームを引っ張って止めてイエローカードを受けた。

 延長戦突入と同時に、堂安と久保を下げてFW前田大然とMF三好康児を投入した日本は、運動量を維持しながらカウンターに活路を見出そうとするも思うように攻撃を仕掛けられず。最終的に延長後半10分、途中出場のスペインFWマルコ・アセンシオに鮮やかな左足シュートを叩き込まれ0-1で敗れた。

 120分の死闘を受けて、ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」が日本の採点記事を公開。試合展開として「日本がボールをあまり持たないゲームは稀」とスペインにゲームを支配されるなかで、守備面が試される一戦だったとしたうえで「非常に上手くいった」と評価。守護神の谷には「彼が現時点でJリーグ最高のゴールキーパーであることを示した」と7点をつけ、右サイドバックのDF酒井宏樹にも「完璧なマーキングでフィールド最高の選手の1人」と同じ7点を与えている。

 そして単独最高点となる「7.5」が与えられたのは主将の吉田。「代表チームのシャツを着た彼のキャリアの中で最高のパフォーマンスの一つ」と絶賛し、VAR判定でPKが取り消された後半11分のMFミケル・メリーノに対する守備を含めて「実質的にすべてのデュエルに勝った」と記された。スペインに大半の時間でボールを支配される展開のなか、1失点を喫したとはいえ120分にわたって粘り強い対応を見せた守備陣のプレーは、海外メディアにも好印象を与えたようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング