日本、120分の死闘でスペインに0-1惜敗 53年ぶりのメダル懸け3位決定戦でメキシコと激突

U-24日本代表はベスト4で敗退【写真:AP】
U-24日本代表はベスト4で敗退【写真:AP】

日本が気迫の守備で奮闘も…一瞬の隙をつかれてアセンシオに決勝弾を奪われる

 東京五輪のサッカー男子準決勝が3日に埼玉スタジアムで行われ、U-24日本代表とU-24スペイン代表の一戦は、延長後半10分にFWアセンシオに決勝ゴールを奪われて日本が0-1で敗戦。3位決定戦に進み、銅メダルを懸けてメキシコと対戦することが決まった。

 両者は本大会前の7月17日にも親善試合で対戦し、その時には1-1で引き分けていた。日本は出場停止から復帰したオーバーエイジのDF酒井宏樹が右サイドバックに入り、逆にこの試合が出場停止のDF冨安健洋のところにはDF板倉滉が入った。左サイドバックはDF中山雄太が起用され、DF旗手怜央は左サイドハーフに起用された。

 序盤からスペインがボールポゼッションを高め、日本はMF久保建英を中盤の守備に参加させて速攻を狙うのが基本的な構図になった。日本は1トップで起用されたFW林大地がスペインのDFエリック・ガルシアとDFパウ・トーレスを相手にしながらも必死でボールキープする場面を作り、そこに後ろからフォローする形で活路を見出しにかかった。

 互いにゴール前でのビッグチャンスを作るには至らない試合展開も、徐々にスペインの攻撃により日本は自陣に押し込まれる時間が長くなった。前半31分には左右を広く作った攻撃からFWミケル・オヤルサバルにペナルティーエリア内でシュートを許すも枠外。逆に日本も中山のラストパスからニアサイドにMF遠藤航が飛び込んでシュートを狙うも枠外。同39分には、スペインFWラファ・ミルが抜け出すもGK谷晃生が好セーブを見せて、両者ともゴールを奪うことはできず0-0でハーフタイムを迎えた。

 後半に入りオープンになり始めたゲームは10分、右サイドからのクロスを胸トラップした相手MFミケル・メリーノに対して吉田がスライディングでブロックに行ったところ、PKの判定になった。しかし、実際に吉田は先にボールにコンタクトできており、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言で映像確認がされるとPK判定は取り消しになった。ギリギリのところで経験豊富な吉田がクリーンなプレーでピンチを防いだ。

 森保一監督は同20分、林と旗手に代えてFW上田綺世とMF相馬勇紀を投入し、決勝ゴールを狙いにいった。スペインにゴール前へ迫られる場面も増えたが、同33分には久保がペナルティーエリア内で左足シュートを放つ場面も作った。それでも両者ともに決勝ゴールは奪えず、このまま90分間を終了して延長戦へと決着を持ち越した。

 決勝進出をかけた30分間に、森保監督はここまでチームの攻撃を支えた久保とMF堂安律を下げ、MF三好康児とFW前田大然を投入。相馬と前田のスピードを両サイドから生かす策に出た。そして延長前半10分には、左サイドから中山が入れたクロスに前田がヘディングで合わせるも、わずかに枠を外れた。

 大会初日から中2日の連続で5試合目で、さらに準々決勝も120分の試合になった両者は互いにプレー精度を上げられなくなった。それでも延長後半10分、ペナルティーエリア内の右サイドで前を向いた途中出場のFWアセンシオに左足で巻き込むシュートを決められてついに失点。激闘の末、0-1で敗戦となった。

 日本はこれで6日の3位決定戦への進出が決定。1968年メキシコ五輪以来、53年ぶりとなる銅メダル獲得に向け、ブラジルとの準決勝をPK戦の末に敗れたメキシコと、グループリーグでの対戦に続くリターンマッチが決まった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」