五輪ベスト4、前半スコアレスのスペイン地元紙は久保建英を警戒 「日本で最も鋭利」

スペイン国内でも久保建英を警戒【写真:AP】
スペイン国内でも久保建英を警戒【写真:AP】

チャンスはあったものの、「最も出来の良くない前半」という評価

 東京五輪の男子サッカー準決勝が3日に行われ、U-24日本代表はU-24スペイン代表と埼玉スタジアムで対戦。前半はスペインがボール支配率58%と日本を押し込む場面が見られたが、日本も粘り強く戦い、0-0で前半を終えた。スペインの各メディアは、自国の優位を伝えつつも、簡単なゲームになっていないことを伝えている。

 スペイン紙「マルカ」は、「この大会で、最も出来の良くない前半だった。しかし、前半にあった二つのチャンスは、いずれも私たちにあった」と、決定機を生かせなかったと報じた。

 また、「AS」紙は「東京五輪における日本とスペインによる準決勝の前半は、ドローで終わった。ルイス・フエンテ監督の率いるチームは、ほとんどの時間帯で支配することができ、二つの明確なチャンスがあった。最初の(ミケル・)オヤルザバルがエリア内で放ったボレーシュートは枠を捉えられなかった。二つ目のラファ・ミルのシュートは谷(晃生)にブロックされた」と、スペインが優勢だったことを報じつつも、「一方、クボは日本で最も鋭利だった。いくつかの日本のチャンスを作り出した」と、レアル・マドリード所属の久保建英を警戒した。

 また、ラストプレーでスペインの攻撃をしのぎ、カウンターに移ろうとした久保がボールを持った場面で、審判が前半終了の笛を吹いたことについて、「ムンド・デポルティーボ」紙は「審判が笛を吹いてくれて助かった。なぜなら、日本はカウンターを仕掛けようとしており、オスカル・ジルが対応して久保を倒していたら、2枚目の警告を受けていたかもしれない」と報じている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」