「スペインの壁に阻まれる」 日本の4強敗退に韓国メディア言及「絵のようなゴールを…」

U-24日本代表はスペインに0-1で敗れた【写真:Getty Images】
U-24日本代表はスペインに0-1で敗れた【写真:Getty Images】

準決勝でスペイン代表に0-1惜敗「日本はベスト4で脱落」

 U-24日本代表は3日、東京五輪サッカー男子の準決勝でスペイン代表と対戦し、延長後半10分に献上した決勝点により0-1で敗れた。悲願の金メダル獲得が潰えたなか、韓国メディアは「日本はベスト4で脱落」と伝えている。

 準々決勝でニュージーランド代表をPK戦の末に下し、2大会ぶり3回目のベスト4進出を果たした日本は、立ち上がりからボールポゼッションで優位に立ったスペインを前に、カウンターからチャンスを窺う形で試合を展開。自陣に押し込まれる時間が長く、思うように攻めに転じられないまま0-0でハーフタイムを迎えた。

 後半も流れは変わらず、スペインに押されながらも粘りの守備で耐え、スコアレスのまま延長戦へ突入。久保建英、堂安律をベンチに下げワンチャンスを狙ったが、延長後半10分、ペナルティーエリア内から最後はFWマルコ・アセンシオに鮮やかな一撃を叩き込まれ先制を許す。

 後がなくなった日本は、セットプレーのチャンスで守護神の谷晃生も前線に上がり同点ゴールを狙ったが、スペインにそのまま逃げ切られ0-1で敗戦。1968年メキシコ五輪以来、53年ぶりとなる銅メダル獲得に向け、メキシコとの3位決定戦(6日)へ回ることになった。

 韓国のニュース総合サイト「ノーカットニュース」は、「日本サッカーはスペインの壁に阻まれる。それでも53年ぶりのメダルへの挑戦は続く」との見出しで結果を伝えている。

「開催国の日本はベスト4で脱落。しかし、3位決定戦で53年ぶりのメダル獲得を目指す。日本は五輪史上初の決勝進出を狙った終盤、アセンシオに絵のようなゴールを食らって敗れた。日本の3位決定戦の相手は、準々決勝でキム・ハクボム号を泣かせたメキシコに決定した」

 日本はグループリーグ第2戦(2-1)で勝利したメキシコと3位決定戦で再び対戦。メダル獲得に向けて、この壁を越えたいところだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング