「PK獲得“芸”に終止符を」 プレミアが判定基準を変更へ、オフサイドは攻撃側に有利

昨季プレミアで史上最多125回のPKがあった【写真:AP】
昨季プレミアで史上最多125回のPKがあった【写真:AP】

昨季プレミアで史上最多125回のPK「判定基準を厳しくする」

 イングランド1部プレミアリーグでは新シーズンからペナルティーキック(PK)やオフサイドに関わる判定基準を見直すことになった。これにより、ペナルティーエリア内でのファウルは接触の度合いがより考慮されるようになり、オフサイドの解釈についても攻撃側に有利なものへ変更されるという。英紙「ガーディアン」が報じた。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 プレミアリーグのレフェリング部門の責任者であるマイク・ライリー氏によれば、クラブや選手からのフィードバックを受けて新シーズンに向けたレフェリングの基準が見直されたという。

 まずPKについて、審判はPKを与える前に3つの基準を評価することになる。攻撃側の選手が受けた接触の度合い、その接触が引き起こした結果、そして最後に攻撃側の選手がチャレンジによってPKを誘発する意思があったかどうかを考慮する。

 ライリー氏は「審判は接触を探し、明確な接触を認めた場合は『その接触が結果に影響を与えたか』を自問する。さらに『(攻撃側の)選手が実際にファウル・ペナルティーを獲得しようとしていたか』も自問する。なので『接触があった』というだけでは不十分である」と、判定を下すまでのプロセスについて説明している。

 この基準に照らせば、欧州選手権(EURO)の準決勝デンマーク戦でイングランド代表FWラヒーム・スターリングが獲得したPKは与えられることがなかったという。昨季プレミアリーグでは過去最多となる125回のPKが与えられており、こうした結果を踏まえたうえでの基準の見直しになったという。これについて「ガーディアン」紙は、「プレミアリーグはPKを“獲得する”という芸に終止符を打つべく、判定基準を厳しくすると発表した」と記した。

 また、オフサイドの解釈についても変更が加えられる。

 これまではVARで1ピクセル幅のラインを用いてオフサイドのチェックを行っていたが、新ルールの下では異なるアプローチとなり、最終的な判断の際にテレビ中継などで用いられる太い「放送用のライン」が使用されるという。昨季までは攻撃側の選手の体の一部が、わずかでもラインを越えている場合は問答無用でオフサイドとなっていたが、新たな基準では攻撃側の選手の位置を示す線が守備側の選手を示す線と重なって境界が不明瞭なケースではオンサイドと判断されるという。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  3. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  4. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  5. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  8. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  9. 「恐るべし」 元日本代表MF中田英寿氏がコンバイン運転で米収穫に脚光「何でも様になる」

  10. 「魔法の左足」 中村俊輔の欧州CL“伝説のFK”弾、名門ユナイテッド戦の衝撃2発に「いつ見てもすげー」と反響