スペイン戦「必勝スタメン」を闘莉王選出 53年ぶりメダル獲得へ、日本のキーマンは?

日本代表とスペイン代表が決勝進出をかけて対戦【写真:AP】
日本代表とスペイン代表が決勝進出をかけて対戦【写真:AP】

【五輪経験者の視点】メダル獲得を懸けた一戦、NZ戦では「監督の采配にも疑問が残った」

 U-24日本代表は3日、東京五輪サッカー男子の準決勝で優勝候補のU-24スペイン代表と埼玉スタジアムで対戦する。本大会前の先月17日に行われた国際親善試合で対戦し、1-1で引き分けた両者。お互いの手の内を知るなかで、決勝進出を懸けて再び激突することになった。53年ぶりのメダル獲得、そして史上初の決勝進出に向けて、森保一監督率いるチームはどのような布陣で臨むべきか。「Football ZONE web」で五輪期間中のスペシャルアナリストを務めている元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、この一戦に向けた「必勝スタメン」を選出してくれた。

   ◇   ◇   ◇

 メダル獲得を懸けたスペイン戦、GKは谷晃生、最終ラインは酒井宏樹、吉田麻也、板倉滉、そして左サイドバックには中山雄太を戻す。

 冨安健洋の累積警告による出場停止は大きい。怪我で大会序盤を欠場し、感覚やコンディションが十分でないなかでも、味方を上手く使って、無難にこなしている印象があった。ここは板倉に頑張ってもらうしかない。

 中盤は変えられない。遠藤航、田中碧のダブルボランチは不動。疲れていても代えはきかない。相馬勇紀、久保建英、堂安律、みんな外せない。

 1トップは上田綺世。ニュージーランド戦での監督の采配にも疑問が残った。グループリーグ第3戦のフランス戦では上田が先発し、4ゴールを奪うなど攻撃は機能していた。なぜいじってしまうのか。林大地はハードワーカーで、守備面での貢献度は高いが攻撃の起点にはなりきれていない。相手の最終ラインをかき回せるが、ニュージーランド戦で攻撃が単調になり、決定機がほとんどなかった理由は、1トップの起点としてのクオリティーも要因の一つ。結果論ではあるが、前線のメンバーを代えたことがPK戦までもつれた理由でもあったと思う。

 チームとして、ニュージーランド戦の反省を生かしてほしい。大胆さが全くなかった。主導権を握る時間が長かったのに、決定機の数が物足りない。ミドルシュートを狙う機会も少なかった。時には思い切って足を振ることも大事。あれだけ相手に自陣に引かれたら、遠くから狙うことも必要だ。崩しも単調で、酒井の出場停止による不在で攻撃の厚みがなかったことで、ニュージーランドとしても対応は楽だったと思う。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」