「日本を救った」 闘莉王、薄氷勝利のNZ戦“MOM”に吉田を選出「脅威だった相手に…」

闘莉王氏がニュージーランド戦のMOMに吉田麻也を選出【写真:Getty Images】
闘莉王氏がニュージーランド戦のMOMに吉田麻也を選出【写真:Getty Images】

【五輪経験者の視点】「唯一の脅威だった」相手FWウッドを最後の最後に止めていた

 U-24日本代表は7月31日、東京五輪サッカー男子の準々決勝でU-24ニュージーランド代表と対戦し、0-0のまま迎えたPK戦を4-2で制し、2大会ぶりのベスト4進出を決めた。主導権を握りながらも相手の堅守を前に苦戦を強いられた一戦を、「Football ZONE web」で五輪期間中のスペシャルアナリストを務めている元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏が分析。MOMにはチームを救った主将DF吉田麻也を選出した。

   ◇   ◇   ◇

 ニュージーランド戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)は吉田麻也だろう。相手のストロングポイントであるクリス・ウッドに体を張って、なんとか対抗していた。ニュージーランド唯一の脅威だった相手にやられそうな場面もあったが、最後の最後は止めていた。

 そしてセットプレーのこぼれ球からシュートを打たれたピンチの場面でも、足を出してチームを救った。あれがなければ、日本のPK戦勝利もない。

 吉田はキャプテンとしての姿勢がすごくいい。そして、発信している言葉もいい。キャプテンらしく最後にPKを決めて締め括った。昨日のチームは吉田に助けられた。

 日本は試合を通して、サイドからもっと工夫すれば相手を崩せたと思う。右に酒井宏樹がいなかった部分が響いている。フランス戦で4点を奪った時には、いつでもゴールを決められるような感じだったが、昨日は全くゴールの匂いがなかった。

 正直に言えば、グループリーグで対戦していた韓国のほうがニュージーランド相手に決定機を作っていた。前線が全然駄目だった時こそ、後ろはしっかりしないといけない。それができたことが大きい。吉田がいなかったら、相当危なかった。

[プロフィール]
田中マルクス闘莉王/1981年4月24日、ブラジル出身。渋谷幕張高を卒業後、2001年に広島でJリーグデビュー。03年に日本国籍を取得し、04年アテネ五輪に出場した。その後は浦和でJ1とACL初制覇、名古屋でもJ1初優勝に貢献。06年にはJリーグMVPを受賞した。日本代表としても43試合8得点の成績を残し、10年南アフリカW杯ベスト16進出の立役者に。19年限りで現役引退。Jリーグ通算529試合104得点で、DF登録選手の100得点はリーグ史上初。現在は公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」でも活動中。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング