主将DF吉田麻也、さらなる高みへ…8強進出で決意表明 「ここからが自分の仕事」

U-24日本代表主将DF吉田麻也【写真:Getty Images】
U-24日本代表主将DF吉田麻也【写真:Getty Images】

フランスに4-0完勝、準々決勝以降へ主将が意気込み「目標はもっと高いところにある」

 U-24日本代表は28日、東京五輪サッカー男子のグループリーグ最終戦フランス戦に臨み、MF久保建英による3戦連続の先制点などで4-0の完勝。A組を3連勝で首位通過、準々決勝でB組2位のニュージーランドと対戦することになった。主将DF吉田麻也は試合後のフラッシュインタビューで「自分たちの目標はもっと高いところにある」と、準々決勝以降の戦いへ意気込みを語った。

 フランスとの一戦で引き分け以上なら、準々決勝進出が決まる日本は前半27分、久保の3試合連続ゴールで先制。さらに同34分、FW上田綺世のシュートがGKに弾かれたところに反応したDF酒井宏樹が押し込んで追加点を挙げた。後半も日本の勢いはとどまらず同25分、MF三好康児が左足を振り抜き3点目を決めると、終了間際にはFW前田大然が決めて4-0で勝利。3連勝でA組の首位通過を決め、2大会ぶりのベスト8進出を決めた。

 グループ突破の条件としては、フランスより日本のほうが良い条件ではあった。それでも吉田は試合前に「他の競技でもメダル確実を言われた選手が敗退していることもあった。まだ何もつかみ取っていなというのを伝えた」と、選手たちへ発破をかけたことを明かした。そうしたなかで、きっちり勝利を掴みとれた要因については「こういう試合で先制点を取られると厳しくなる。逆にこちらが取ることで相手の戦意を失わさせることができたと思う」と、先手を奪い、優位な試合運びへ持ち込めた点にあったと述べた。

 準々決勝ではグループBを2位通過したニュージーランドと対戦。一発勝負となる決勝トーナメントに向けて、「自分たちの目標はもっと高いところにある。予選突破は大事だけどそこが目標ではないので、次に向けてしっかり準備という感じですね。個人的にはここからが自分の仕事だと思う」と吉田。今大会では、他競技の選手たちの活躍から刺激を受けていることも明かし「昨日はソフトボールの上野選手、昼には野球の試合も見た。僕も負けていられない」と、さらなる高みを目指していくことを誓った。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング