「恥さらし」 韓国放送局、相手のオウンゴールに「ありがとう」の字幕で母国メディア呆れ顔

韓国代表がオウンゴールで先制したシーン【写真:Getty Images】
韓国代表がオウンゴールで先制したシーン【写真:Getty Images】

韓国放送局「MBC」がルーマニアMFマリンのオウンゴールに不適切な字幕をつけ波紋

 U-24韓国代表は、25日に行われた東京五輪のグループリーグ第2戦ルーマニア戦(4-0)で、相手選手のオウンゴールにより先制点を手にした。この1点に関して、韓国放送局が出した不適切な字幕が波紋を呼んでおり、母国メディアも「国の恥さらし」「また事故」と報じている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 初戦でニュージーランドに0-1と敗れた韓国は、序盤から球際で激しいデュエルを展開。そして、0-0で迎えた前半27分、FWイ・ドンジュンが右サイドからゴール前へクロスを上げると、スライディングでクリアを試みたルーマニアMFマリウス・マリンのボールが無情にも自軍のネットに突き刺さり、オウンゴールとなった。

 その後、ルーマニアMFイオン・ゲオルゲが2枚目のイエローカードで退場となり、数的優位に立った韓国が後半に3ゴールを奪取。ボール支配率は52%対48%だったが、シュート数では13対6と倍以上の差をつけ、4-0で今大会初勝利を飾った。

 そのなかで、波紋を呼んでいるのが、東京五輪を中継している韓国放送局「MBC」の対応だ。同局は23日の五輪開会式の中継で、ウクライナ選手団の入場行進の際に1986年に起きたチェルノブイリ原発事故の写真を示してウクライナを紹介。インターネット上などで批判が相次ぎ、「不適切な写真を使用した」と謝罪していた。

 しかし、それからわずか2日、韓国対ルーマニア戦の前半終了後、画面右上で1-0のスコアを伝える際、「ありがとう、マリン」という文字も添えるという軽率な字幕まで出してしまったのだ。

 韓国メディア「Dailian」は「MBCは国の恥さらし」と過激な見出しを打ち、「東京五輪を中継しているMBCが再び議論を巻き起こしている。韓国の視聴者も激怒」とレポート。韓国紙「中央日報」も「また事故」と伝えている。

「MBC」にとっては、またもや信頼を損ねる痛恨の失態となってしまった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング