森保監督、「良い守備から良い攻撃」を徹底した選手を称賛 「積極的に戦えた」

森保監督が勝利したメキシコ戦を振り返った【写真:AP】
森保監督が勝利したメキシコ戦を振り返った【写真:AP】

メキシコに2-1で勝利し2連勝も「まだ決勝トーナメント出場が決まったわけではない」

 U-24日本代表は25日、東京五輪グループリーグ第2戦でU-24メキシコ代表と対戦した。ともに初戦で白星を挙げていたため、勝利したチームが決勝トーナメント進出に大きく近づく一戦で、日本は2-1の勝利を収めた。勝ち点を6に伸ばした試合後、森保一監督は「まだ決勝トーナメント出場が決まったわけではない」と気を引き締めた。

 開始早々の前半6分に、日本は右サイドバックのDF酒井宏樹が縦パスを出すと、相手の背後を取ったMF堂安律がゴール前にクロスを入れる。そこに走りこんだMF久保建英が左足のつま先で、2試合連続となるゴールを決め日本が先制した。さらに同10分には、左サイドハーフで先発出場したMF相馬勇紀がPKを獲得。これを同12分に堂安が決めて、2-0とリードした。

 後半に入るとメキシコも反撃に転じ、日本は守勢に回る。それでも後半23分には堂安がカウンターから抜け出しかけたところ、DFホアン・バスケスが背後から引っ張って止めて一発退場に。数的優位となった日本だったが、その後セットプレーから1点を返される。同アディショナルタイムにも、コーナーキックから危ない場面があったが、GK谷晃生のスーパーセーブで凌ぎ、日本が2連勝を収めてグループAの首位に立った。

 どのような意識で試合に臨んだかを聞かれた森保監督は、「日本の選手たちの技術力を生かすためにも球際で戦って局面で勝つ。個の頑張りをつなげる、良い守備から良い攻撃ということをやってくれた」と、選手たちの奮闘を称えた。

 また、53年ぶりのメダル獲得を目指す日本は、今大会の代表チームは海外組が多くなり、これまでのチーム構成とは違ってきている。「FIFAランク的にはメキシコのほうが上位だが、選手たちはどんな相手でも同じ目線でやれるという気持ちでファイトしてくれている。今日も勝っていて受ける時間はあったが、積極的に自分たちはできるとボールに向かって戦うことができた」と、初戦でフランスに4-1で勝利した相手に勝ち切ったチームに、好感触を感じられているようだ。

 そして、グループリーグ最終戦となるフランス戦に向けて「まだ決勝トーナメント出場が決まったわけではないので、選手たちも頑張りを称えながらも次の試合に最善の準備をすると切り替えてほしいし、チームとしても良い準備をしたい」と、気を引き締めた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング