「これ以上の伝説はない」 カナダ女子GK、涙の負傷&PKストップに母国メディア感動

カナダ女子代表の守護神ステファニー・ラベ【写真:Getty Images】
カナダ女子代表の守護神ステファニー・ラベ【写真:Getty Images】

ベテランGKラベの魂のプレーを母国メディアのラチーニ氏が称賛「素晴らしい!」

 カナダ女子代表(FIFAランク8位)は21日、東京五輪のグループリーグ初戦で開催国の日本(同10位)と対戦し、1-1で引き分けた。守護神ステファニー・ラベは日本の選手との交錯で負傷しながらも渾身のPKストップを見せ、その後涙ながらにピッチをあとにして話題を呼んだが、母国メディア関係者も「これ以上の伝説はない!」と絶賛している。

 カナダは前半6分、カナダの選手としては史上初、世界でも4人目となる国際Aマッチ300試合出場となったFWクリスティン・シンクレアの通算187点目となるゴールで先制。1点のリードを保って後半に突入した。

 後半立ち上がり、右サイドからクロスに飛び込んだ日本のFW田中美南とGKラベが交錯。一度は田中のファウルと判定されたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の進言で映像確認されて日本のPKに判定が変わった。

 接触で左胸付近を痛めたラベは、ピッチに倒れたまましばらく動けず。治療後に立ち上がった際には、目に涙を浮かべるシーンもあった。痛みに堪え、その後に田中のPKを完璧にストップするスーパープレーを見せ、咆哮する姿を中心に同僚たちの歓喜の輪が広がったが、後半13分にケーレン・シェリダンとの交代で涙ながらにピッチをあとにした。

 カナダ放送協会「CBC」の五輪専門ツイッターは、「ステファニー・ラベが特大のPKセーブ。負傷でしばらく倒れていたあと、ラベはカナダに大きく貢献」と言及。この投稿を引用しつつ、カナダ公共放送「CBCラジオ」で記事執筆やインタビュー取材を担当しているモハメド・ラチーニ氏がツイッターで自身の見解を述べている。

「PKセーブだけでもタフなのに、その直前に怪我をした。これ以上の伝説はない! これはカナダの古き良き、グリット(やり抜く力)とタフネスの好例だ。素晴らしい!」

 過去にワールドカップ2回、五輪1回を経験している34歳のラベ。交代後にチームは失点して引き分けに終わったが、「ステファニー・ラベ」の名前が海外で注目を浴びたのは間違いない。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】