「どれだけ潰せるか」 東京五輪“メダル獲得”へ、日本の「キーマン3人」を闘莉王が選出

自国開催でメダル獲得を目標に掲げるU-24日本代表【写真:Getty Images】
自国開催でメダル獲得を目標に掲げるU-24日本代表【写真:Getty Images】

【闘莉王インタビュー|第2回】東京五輪でメダルを獲得するために…勝利のカギを握るのは?

 いよいよ、東京五輪が幕を開ける。自国開催でメダル獲得を目標に掲げるU-24日本代表は今日、初戦の南アフリカ戦(東京スタジアム)を迎える。17年前の2004年アテネ五輪に出場した元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、Football ZONE webの「東京五輪スペシャルアナリスト」に就任。本大会開幕を前に、森保ジャパンについて独自の視点で分析した。アテネ五輪で激闘を経験した闘将の目に映るU-24日本代表の姿とは――。独占インタビュー第2回は「日本のキーマン」について語った。

   ◇   ◇   ◇

「良い意味でダブルボランチが気になる。あと(吉田)麻也。そこが安定しない限り日本の勝利はないと思う。バンバン、カウンターを食らうようじゃ話にならない。カウンターを食らいそうになったら、そこ(ダブルボランチ、センターバック)でどれだけ潰せるか」

 メダル獲得を目指す日本はグループリーグでA組に入り、同居するのは優勝候補の一角に挙がるフランス、北中米カリブ海予選で首位通過したメキシコ、2大会連続3度目の五輪出場となる南アフリカと強豪国が属する。闘莉王氏は目標を達成するためのキーマンが、オーバーエイジ(OA)枠のDF吉田麻也、MF遠藤航に加えて、東京五輪世代のMF田中碧だと指摘した。

 OA枠の2人の名前が上がるなか、唯一、東京五輪世代で“キーマン”に指名されたのは田中碧。川崎フロンターレの下部組織で育ち、今夏にドイツ2部デュッセルドルフへ移籍した。Jリーグ制覇を経験した22歳は、今後A代表でも競争が熾烈なボランチで活躍が期待される逸材だ。闘莉王氏は、田中碧が日本のゲームメイクを左右すると予想する。

「スイッチが入る選手だと思っている。スイッチャーとして、どれだけ前に厚みを出せるのかのカギを握る。引かれた時には(田中碧の)ロングシュートがどれだけ通用するか。流れが少し悪くなった時に、そういうボールを捌ける選手。リズムをなんだかんだ保たせてくれる。(田中碧の)調子次第で日本の試合の運び方が変わってくると思います」

 その田中碧とコンビを組むのが、A代表でも欠かせない存在へと成長した遠藤。守備のカギを握るのは吉田やDF冨安健洋らで形成する最終ラインだけでなく、一つ前のボランチだ。

「(田中碧と)タイプは違うんですよね。潰し屋だから。守備の時の活動がストロングなので、どれだけコンパクトにしたり、田中碧を動かせるか。遠藤は一つのことに集中するのが大事だと思うし、ボールをどれだけ奪えるか、ショートカウンターを食らわせない、頭を上げさせないというのが大事」

 そして、やはりA代表の絶対的主将である吉田の存在も大きい。過去、2度出場したワールドカップ(W杯)だけでなく、五輪の経験も3回目。言葉と行動で仲間を牽引するリーダーシップは頼もしく、ピッチ上での経験値は五輪世代と比べて圧倒的だ。2010年南アフリカW杯では最終ラインを支えてベスト16入りに貢献した闘莉王氏は、吉田の“仕事”について語った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」