オナイウ阿道、仏2部トゥールーズへ完全移籍決定 「成長するために決断」

オナイウ阿道がトゥールーズへ移籍【写真:小林 靖】
オナイウ阿道がトゥールーズへ移籍【写真:小林 靖】

横浜F・マリノスが正式発表 「最後まで戦えなくなるのは悔しいですが…」

 J1横浜F・マリノスは20日、日本代表FWオナイウ阿道がフランス2部トゥールーズに完全移籍することを発表した。クラブを通じ、同選手は「選手としてより成長するために今回の移籍を決断しました」などと声明を発表している。

 25歳のオナイウは、2014年に正智深谷高校からジェフユナイテッド千葉へ加入。17年以降は、浦和レッズ、レノファ山口、大分トリニータを渡り歩き、20年に横浜FMへ完全移籍で加入した。今季リーグ戦ではここまで20試合12得点と活躍。6月には日本代表デビューを飾り、カタールワールドカップ・アジア2次予選のキルギス戦でハットトリックをマークした。

 今回の移籍決定を受けて、オナイウは「シーズンの途中でチームを離れることになり、みなさんと最後まで戦えなくなるのは悔しいですが、選手としてより成長するために今回の移籍を決断しました。これまで培ってきたものを欧州の舞台で発揮して、みなさんにいいニュースを届けられるように頑張ります!」と声明を発表している。

 トゥールーズは一昨シーズンに2部へと降格。昨季は3位でプレーオフへ進出も1部復帰を逃し、新シーズンでは2年ぶりの1部昇格を目指して戦う。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド