トゥーロン連敗もリオ五輪司令塔候補が感じる手倉森Jの伸びしろ 「完成度は半分もいってない」

ポルトガルに0-1と敗れ痛恨の連敗も、MF原川は「下を向く必要はない」

 トゥーロン国際大会に臨んでいるU-23日本代表は、23日のポルトガル戦に0-1で敗戦し、パラグアイ戦に続く連敗を喫した。MF原川力(川崎)は「完成度は半分もいっていない」と、世界で戦う上でのレベルアップの必要性を痛感している。

 “アジアで勝てない世代”と言われながら1月のリオデジャネイロ五輪最終予選では優勝を果たすなど、手倉森誠監督率いるチームは勝利を積み重ねてきた。しかし中1日で行われる今大会で初の連敗を喫した。それだけにショックは大きいかと思われたが、原川はベンチで戦況を見守ったポルトガル戦翌日の練習後に、このように話した。

「ずっと連敗がなかったので、昨日は久々に負けましたね。それでも次、勝てるようにしたいです。あとは点を取るところだけで、チャンスは作れているし、決まる時は決まるもの。下を向く必要はないと思います」

 ポルトガル戦では後半に入って決定機を生かしきれず、フィニッシュの精度に大きな課題を残した。また連敗した相手は両方とも日本よりも一世代下ということもあり、不安視する向きもある。中盤のキーマンは「パラグアイもポルトガルも年下だったし、悔しさはより大きい。ただ、中2日で挽回できるチャンスがあるのも、この大会。悔しさをぶつけるところがあるのは助かります」と、反骨心を見せるべきと考えると同時に、現状のチームには伸びしろがあると感じているようだ。

 

page1 page2

トレンド

ランキング