元日本代表DF、“五輪落選のちW杯出場”を知る1985年組とのほっこりエピソード披露

横浜FCの元日本代表DF伊野波雅彦【写真:Getty Images】
横浜FCの元日本代表DF伊野波雅彦【写真:Getty Images】

横浜FCの伊野波、同世代の広島MF青山と「まだまだ頑張ろう」とお互いを激励

 横浜FCの元日本代表DF伊野波雅彦が13日、自身の公式ツイッターを更新。11日のJ1リーグ第22節サンフレッチェ広島戦(1-0)での、同世代とのエピソードを明かしている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 伊野波は広島戦で5試合連続のスタメン出場。3バックの一角でフル出場し、チームもFW小川慶治朗の移籍後初ゴールで挙げた1点を守り切り、8試合ぶりの勝利を挙げた。

 13日に更新したツイッターでは「1985年組」と綴り、広島戦で元日本代表MF青山敏弘と交換したと思われるユニフォームの写真をアップした。

「2人共北京オリンピックに出場できず。2人共ブラジルワールドカップに行った。まだまだ頑張ろうと話出来て良かった。ありがとう」

 青山は北京五輪の予選で主軸として活躍しながら、登録メンバーから落選。大きなショックを乗り越え、2013年に日本代表デビューを果たし、翌14年のブラジル・ワールドカップ(W杯)メンバーにも名を連ねた。一方の伊野波も、北京五輪2次予選までキャプテンを務めながら、本メンバーから外れた苦い経験を持つ。

 伊野波は1985年、青山は1986年の早生まれと、苦労を知る同世代の2人のエピソードにファンからは「いい話!」「応援してます!」と声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】