“10番”堂安律が2ゴール、”仮想メキシコ”相手に躍動 「チームメートに感謝したい」

2ゴールを決めた日本代表MF堂安律【写真:Getty Images】
2ゴールを決めた日本代表MF堂安律【写真:Getty Images】

エースナンバー「10」を背負いホンジュラス撃破に貢献

 東京五輪に出場するU-24日本代表は、12日にホンジュラス代表と国際親善試合で対戦し、3-1で勝利した。2ゴールを決めたMF堂安律は「両方ともワンタッチゴールだったのでパスをくれたチームメートに感謝したい」と、自らのゴールを振り返った。

 本大会で対戦するU-24メキシコ代表を想定したホンジュラスとの一戦で、立ち上がりから押し気味に展開した日本は前半13分、MF久保建英のFKを主将DF吉田麻也が合わせて先制。さらに同40分、DF冨安健洋のクロスを、中央でFW林大地が落とすと、これに反応した堂安が流し込んで追加点を奪う。

 後半に入るとやや押し込まれ、同20分にオウンゴールで失点。そのなかで、エースナンバー「10」を背負った堂安が再び魅せる。同40分、左サイドから途中出場のMF相馬勇紀がクロスを送ると、GKとDFラインの間に通ったボールに反応し、この試合2点目を奪取。3-1の勝利に大きく貢献した。

 堂安は試合後のフラッシュインタビューで、「両方ともワンタッチゴールだったのでパスをくれたチームメートに感謝したい」と自らの2ゴールを振り返りつつ、「先制点が大事だった。後半、相手に流れを持っていかれたのは改善点。前半は良かったと思う」と、”仮想メキシコ”相手への戦いぶりに見解を示した。

 本大会前の強化試合は、17日のU-24スペイン代表戦が最後となり、22日にグループ初戦の南アフリカ戦へ臨むことになる。堂安は「五輪、無観客に決まってしまったが、こうして関西でパワーをくれる皆さんに感謝したい。金メダルを目指していきたい」と力強く誓った。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング