浦和は“真の強者”になれるか…看過できない現実と「より高いレベル」への鍵

浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督【写真:Getty Images】
浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督【写真:Getty Images】

ロドリゲス体制下で上位へ進出も、目につく対戦相手からの対策

 浦和レッズは10日のリーグ第22節、大分トリニータ戦に0-1で敗れた。2004年以来勝利のない大分とのアウェーゲームで今季も苦しんだが、シーズン前半戦をトータルで見てリカルド・ロドリゲス監督は「全体的にはいいシーズンを送れている」と話している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和はこの試合の前半、大分の狙いとするプレスに苦しんでショートカウンターからのピンチを連発した。その中で前半12分に先制ゴールを許し、追いかける展開となってしまった。後半には選手交代やポジション修正で戦況を回復させたものの、最後まで1点が遠い試合展開で敗れた。

 スタメン出場したMF伊藤敦樹は前半について「自分たちが前を向いている時は、相手が来なかったけど、しっかり中を閉めていて、なかなか間を通せなかった。それでボールを下げさせられている感覚はあり、なかなか前に出せず下げさせられて、相手もそれで前に出てきてという感じだったので、相手がやりたいことにはまってしまった。間に(パスを)入れられるところで入れなかったとか、入れても取られそうな感覚が自分にあって、それで入れないで下げるパス、横パスが多かった」と話した。

 今季からロドリゲス監督が就任した浦和は、よりボール保持する方向に舵を切った。相手に応じて立ち位置を整理、修正しながら攻撃を組み立てるサッカーを展開。大分戦を前にシーズン前半戦の振り返りを話した指揮官は「私たちのポジショナルサッカー」という言葉を用いた。

 しかし、公式戦全体を見れば約30試合を消化した中では、相手からの研究が進んでいる感がある。得点源であるFWキャスパー・ユンカーに厳しいマークがつくのは自然だが、この日の大分のように一度ハッキリ下がることで浦和のボランチをブロックの外に追い出し、そこから前に圧力をかける対策も見られ始めた。また、5バックを採用する相手をいかにして崩すかというのは、6月以降には大きなテーマになった。

 一方で、すでに中断期間明けに向けての新戦力も決まっている。オーバーエイジとして東京五輪代表に参加する日本代表DF酒井宏樹、デンマーク代表招集歴を持つDFアレクサンダー・ショルツ、3月のワールドカップ(W杯)アジア2次予選で代表デビューし柏レイソルから移籍加入のMF江坂任が加わる。酒井とショルツは五輪後の合流が見込まれるが、江坂はすでに浦和でトレーニングに参加している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」