浦和の“下がる瞬間”が狙い目 大分に5戦ぶり勝利を呼んだ「怖がらずに出ていく守備」

大分MF町田【写真:Getty Images】
大分MF町田【写真:Getty Images】

狙っていたショートカウンターから町田が先制点、ゴールも5試合ぶり

 大分トリニータは10日に行われたJ1リーグ第22節の浦和レッズ戦で、5試合ぶりに得点を奪い1-0で勝利した。片野坂知宏監督がチームに徹底した「怖がらずに出ていく守備」が前半に機能し、後半はシステム変更も加えながら守って逃げ切った。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 大分は浦和戦前の4試合で1分3敗、そのすべてが無得点だった。一方の浦和はリカルド・ロドリゲス監督が就任した今季は、より攻撃的なサッカーに舵を切り、前線ではデンマーク人FWキャスパー・ユンカーがゴール量産と、「攻める浦和、守る大分」という試合展開が予想されていた。

 しかし、試合が始まってみると大分は好戦的に浦和のボール保持に襲いかかった。浦和が前向きに余裕を持っている状態では無理に追いかけ回さないが、2列目が下がって受けるタイミングや、後ろに下がりながらプレーする姿勢を見せた瞬間、大分は一気に襲いかかった。ロングボールを蹴られれば背後にスペースがある状態もできていたが、それでも怖がらずに余裕を与えなかった。そうしたなか、狙っていたショートカウンターから前半12分にMF町田也真人が先制点を奪った。

 片野坂監督は「怖がらす、プレスでもチャレンジして、アグレッシブにボールを奪って攻撃というところでも、ボールに対してチャレンジしてくれた」と選手たちを称えた。そして浦和が下がる瞬間が狙いだったことは、試合後の会見でも言葉にしている。

「バックパスに対して、前線が出ていくなかで後ろが重いと、そのスペースを使うのが浦和さんは上手い。ラインが上がれば背後というのも常にある。前線の選手はスピードもあって斜めのランニングを常に狙っているので、コンパクトにしながら切らさずに、全体がコンパクトになるよう話した。プレッシャーにいっているなかでもバックパスの移動中も、それにバックパスを誘発できた。それは良かったし、コンパクトに守ってボールを奪うことができていた」

 ロドリゲス監督は就任以来「相手を引き出す」「相手を引き込む」という言葉を用いることもあった。後ろにボールを下げるプレーによって相手が出てくるのは狙いの一つであるものの、それ以上の勢いで寄せてきた大分の前にミスを重ねて前半はピンチの連続になった。一方で、後半に向けてはさすがの修正力も見せた。MF小泉佳穂を一列下げてFW杉本健勇を前線に入れることで最終ラインを牽制し、ライン間でMF汰木康也や小泉が起点になったところからサイド突破を繰り返した。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」