東京五輪と暑熱対策 史上最多“欧州組9人”の難しさに森保監督が言及「体質も…」

U24日本代表【写真:Getty Images】
U24日本代表【写真:Getty Images】

蒸し暑さとの戦いになる東京五輪、暑熱対策も直前合宿の大きなテーマ

 東京五輪に臨むU-24日本代表は12日、本大会出場国のホンジュラス(ヨドコウ桜スタジアム)と国際親善試合を戦う。その一戦を前に記者会見に出席した森保一監督は、5日からチームが始動したなかで「順調にコンディションは上がっている」とした一方、欧州組中心となったチームだからこそ、日本の高温多湿な気候への順応に難しさを感じている部分があると明かしている。

 5日から始動したU-24日本代表は、五輪開幕直前の強化試合としてホンジュラス、スペイン(17日/ノエビアスタジアム神戸)と対戦する。南アフリカとの開幕戦(22日/東京スタジアム)まで残り10日の状況で迎えるホンジュラス戦について、森保監督はキャンプ中の大学生との練習試合よりも、「相手チームのレベルが上がったなかで、本大会に向けたゲーム勘やゲーム体力を個々、チームとして上げていければ」と語る。

 東京五輪に向けて招集されている22人のメンバーのうち、9人が欧州クラブでプレーしている。今大会はコロナ禍により登録メンバーが4人増えているとはいえ、1996年アトランタ(0人)、2000年シドニー(1人)、2004年アテネ(1人)、2008年北京(2人)、2012年ロンドン(4人/清武弘嗣と酒井宏樹は大会前までJリーグでプレーしたため除外)、2016年リオデジャネイロ(1人)と歴代の五輪代表メンバーと比較しても圧倒的に多い。経験値という部分では頼もしい限りだが、日本でプレーしていない影響の一つとして「ヨーロッパでの生活が長くなっていて、夏場の日本の高温多湿なところは少しコンディションを作るには難しい」という事情があると、森保監督は明かす。

「体質も変わってきているかもしれない。選手にとってはきつい部分があるのかなと。トレーニングも密度が濃い、量的にもハードにやっているので、選手としては大変な部分があるかなと思う。選手が暑さを感じるとか、きつさを感じるという部分において、コンディションを崩すことになってはいけないが、ギリギリのところで良いコンディションを作れるようにプランして、そこに積極的にトライしてくれている」

 開催国として有利な部分が多々あるものの、主力の約半数が欧州を拠点に生活しているからこその難しさ。もっとも、日本特有の“蒸し暑さ”への順応は海外選手のほうが大変なのは明らかであり、気候をよく知る日本はこれまでの経験を基に着実に調整を進めているようだ。

「アイスバスなど、選手たちに少しでも体を動かした後に冷やして回復できるようにと対策している。逆に発汗するために、トレーニングのなかでは元々夕方の予定だったのを少し早めて暑いなかでやること、個々に風呂に入ることなど、暑さに慣れるというのを、チームとしても個々でもやってくれている」

 6月の3試合より暑いなかで行われるホンジュラス戦とスペイン戦で、各選手がどこまで気候に順応できるか。ピッチ上でのプレーと同様、本大会に向けた注目ポイントになりそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」