ディ・マリアの“芸術ループ弾”でアルゼンチン先制 28年ぶり南米制覇へ宿敵ブラジルをリード

先制点を決めたディ・マリア【写真:Getty Images】
先制点を決めたディ・マリア【写真:Getty Images】

一瞬の隙を突いてアルゼンチンが先制、前半を1-0で折り返す

 南米王者を決めるコパ・アメリカ(南米選手権)決勝が、現地時間10日にブラジル・リオデジャネイロの聖地マラカナンで行われ、28年ぶりの優勝を目指すアルゼンチンと連覇を狙うブラジルが激突。前半22分、MFアンヘル・ディ・マリアがワンチャンスを生かしてゴールを決め、アルゼンチンが1-0とリードして前半を折り返した。

 新型コロナウイルスの影響により、大会直前に開催国がアルゼンチンとコロンビアの共催からブラジルに変更された大会も、いよいよクライマックスを迎えた。南米王者を決める舞台に勝ち進んだのは、1993年大会以来、28年ぶり15回目の優勝を目指すアルゼンチンと、前回大会王者で連覇によって10回目の頂点を狙う“王国”ブラジルという南米2強の対決となった。注目の一戦にアルゼンチン代表の英雄FWリオネル・メッシ、ブラジル代表もエースFWネイマールらが順当にスタメン出場。南米王者を決める注目のライバル対決がキックオフされた。

 試合は序盤から一進一退の攻防も、ややホームのブラジルが押し込む展開。だが前半22分、アルゼンチンがワンチャンスを生かす。MFロドリゴ・デ・パウルからの1本の縦パスを、ブラジル代表DFレナン・ロディが処理をミス。今大会2試合目の先発となったディ・マリアが抜け出すと、最後はGKエデルソンの動きを見極めて華麗なループシュートを決めて先制した。

 その後も両チームが激しい攻防を繰り広げるがスコアは動かず、1-0とアルゼンチンがリードして前半を終了した。

 “史上最高のサッカー選手”と言われながら、アルゼンチン代表ではこれまで“無冠”が続くメッシは、決勝の舞台には2014年ブラジル・ワールドカップ、15年コパ・アメリカ、16年コパ・アメリカで立っているものの、いずれも準優勝に終わっている。またネイマールも、ブラジルが優勝した前回19年大会は直前に負傷により離脱しており、コパ・アメリカのタイトルは手にしていない。両チームのエースにとって悲願と言える南米王者のタイトル。後半も激しい攻防が展開されそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」