“日韓対決”で「キャノン砲」炸裂 G大阪FW、ACL公式ベスト弾選出「ワールドクラス」

1得点を決めたG大阪FWパトリック【写真:AFC】
1得点を決めたG大阪FWパトリック【写真:AFC】

全北現代戦でパトリックが豪快な一撃、同点に追いつくも終盤の失点で惜敗

 ガンバ大阪は11日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)最終節ですでに首位通過を決めている全北現代(韓国)と対戦し、1-2で敗れた。この結果、2勝3分1敗で勝ち点9から上積みできず、東地区5グループの2位チームで3位以内に入れずグループステージ敗退が決定。出場したJリーグ勢で唯一ラウンド16を逃し失意を味わったが、FWパトリックが後半に決めた同点ゴールがACL公式のベストゴールに選出され、「ダイナマイトフィニッシュ」と称えられている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 前節終了時点で2勝3分の勝ち点9で2位のG大阪は、勝てば16強進出、引き分け以下で敗退が決まる一戦。すでに首位通過を決めている全北現代との試合は、前半6分にPKを決められる苦しい立ち上がりとなった。ピッチ状態も悪く、思うような試合を展開できずに0-1で折り返したなか、松波正信監督はハーフタイムにMF井手口陽介を下げてMF倉田秋を投入する。

 後半開始から攻勢に出たG大阪は、同4分に左サイドを抜けたFW宇佐美貴史のクロスをゴール前でパトリックが合わせるだけの決定機を迎えたがシュートを打てず。さらに2分後、今度は左からのクロスにパトリックがヘディングで合わせたが、シュートはゴール左へと外れた。

 決定機を決められず嫌な空気が流れたが、さらにその直後の同8分、パトリックが右サイドを抜け出すと角度のない位置だったが、相手DFが触れてバウンドしたボールを右足で思いきり叩く。強烈な弾道が相手ゴールを強襲すると、GKの頭上を破り同点に追いついた。

 この豪快な一撃をACL公式ツイッターがベストゴールに選出。「ダイナマイトフィニッシュ!」とシュートの破壊力を称えると、「キャノン砲」「ワールドクラス」「爪痕残した」といったコメントが寄せられていた。

 G大阪は勝ち越しゴールを奪えば16強進出を決められる状況だったが、前がかりになった後半43分に失点し終戦。名古屋グランパス、川崎フロンターレ、セレッソ大阪がラウンド16進出を決めているなかで、唯一のグループステージ敗退となってしまった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】