バルセロナは「日本市場を失う危機」 差別疑惑への批判が「尋常ではない」と韓国指摘

バルセロナのフランスFWウスマン・デンベレと同代表FWアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】【写真:Getty Images】
バルセロナのフランスFWウスマン・デンベレと同代表FWアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】【写真:Getty Images】

デンベレとグリーズマンの日本人差別疑惑、韓国メディアも動向に注目

 スペイン1部バルセロナに所属するフランスFWウスマン・デンベレと同代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、日本人に対して差別的な言動をしたとされる騒動の余波が拡大しているなか、韓国メディアも注目。「日本国内の批判が尋常ではない」と、大きな反発が起きていることを伝えた。

 今回の騒動は英紙「デイリー・メール」などが報じたもので、2019年夏にバルセロナのプレシーズンツアーで来日した際のものと見られる映像がSNS上に流出したのが発端。宿舎となっていたホテルの部屋でデンベレとグリーズマンが日本人スタッフの容姿や言葉を侮辱した言動が収められていたとして、世界各国で波紋を広げている。

 クラブや選手のスポンサーも当然黙ってはおらず、グリーズマンとカードゲームのアンバサダー契約を締結していたコナミは契約解除を発表。また、バルセロナのメインスポンサーである楽天グループ代表の三木谷浩史氏がクラブ側へ正式に抗議し、バルセロナ側も謝罪の声明を発表する事態にまで発展した。

 こうした状況を受けて、韓国のスポーツ・芸能総合サイト「OSEN」は、日本人に対する差別的言動をしたとされるグリーズマンとデンベレについて「日本国内での批判が尋常ではない」と指摘。スペインの名門であるバルセロナは長年にわたって日本でも高い人気を誇るビッグクラブだが、今回のグリーズマンらの失言により「日本市場を失う危機」に直面していると伝えている。

 日本人に対する差別疑惑により、非難を浴びるフランス代表の主力2選手。所属クラブをも巻き込み世界各国へ波及するこの問題は今後、どのように進展していくのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング