日本人差別疑惑でバルセロナに暗雲? ”楽天の怒り”に現地懸念「事態は深刻」

バルセロナFWオスマン・デンベレとFWアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】
バルセロナFWオスマン・デンベレとFWアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】

デンベレ&グリーズマンによる差別疑惑の余波拡大、メインスポンサーの反応に現地注目

 スペイン1部バルセロナに所属するフランスFWウスマン・デンベレと同代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、日本人に対して差別的な言動をしたとされる騒動の余波が拡大しているなか、スペイン紙はメインスポンサーである楽天の反応に注目し「事態は深刻」と指摘している。

 今回の騒動は英紙「デイリー・メール」などが報じたもので、2019年夏にバルセロナのプレシーズンツアーで来日した際のものと見られる映像がSNS上に流出したのが発端。宿舎となっていたホテルの部屋でデンベレとグリーズマンが日本人スタッフの容姿や言葉を侮辱した言動が収められていたとして、世界各国で波紋を広げている。

 クラブや選手のスポンサーも当然黙ってはおらず、グリーズマンとカードゲームのアンバサダー契約を締結していたコナミは「スポーツの理念がそうであるように、いかなる差別も許されるものではないと考えています。遊戯王コンテンツでは、グリーズマン選手とのアンバサダー契約は解除することとしました」と、リリースにて発表した。

 また、バルセロナのメインスポンサーである楽天グループ代表の三木谷浩史氏も6日にツイッターで声明を発表。「FCBの選手が差別的発言をした事について、クラブのスポンサーまたツアーの主催者としてとても残念に思います」と記したうえで、「楽天はバルサの哲学に賛同し当クラブのスポンサーをしてきただけにこのような発言は、どのような環境下でも許されるものではなく、クラブに対して正式に抗議すると共に見解を求めていきます」と、クラブに対して抗議することを表明している。

 こうした状況を踏まえ、スペイン紙「マルカ」はとりわけ、バルセロナに多大なサポートを提供してきた楽天の反応に注目。「楽天の怒り」と見出しを打ちコナミの対応と比較しながら「コナミのそれと比較にならないほど事態は深刻。このブランドは、2019年のあのプレシーズンツアーを企画し、クラブにとって財政的に非常に困難な時期に、バルセロナに重要な収入源を提供してきた」と指摘し、「契約が来夏で終了することを念頭に置くべきだ。今回の事件で発生した問題は、クラブに大きな違和感と不安を与えている」と綴っている。

 現在バルセロナは不安定な財政状況にあるとされ、先月末でフリーとなったエースFWリオネル・メッシの契約更新が依然として公にされていないのも、この問題が一因だとされている。仮にスポンサー離れが起きれば大打撃となるのは確実。楽天側は現状、様子をうかがう姿勢を見せているが、デンベレとグリーズマンによる問題行動はクラブを震撼しかねない事態に発展していると言えるだろう。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング