「数日でヒーローから悪役へ」 グリーズマン、コナミのアンバサダー契約解除にスペイン紙言及

バルセロナ所属のフランス代表FWグリーズマン【写真:Getty Images】
バルセロナ所属のフランス代表FWグリーズマン【写真:Getty Images】

コナミは遊戯王コンテンツにおけるグリーズマンとのアンバサダー契約を解除と発表

 株式会社コナミは7日、公式サイトで「FCバルセロナに所属する選手の発言について」と題してリリースを発表。バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンと締結していたカードゲームのアンバサダー契約解除を決定した。日本人差別疑惑は波紋が拡大しており、スペイン紙「AS」は「数日でヒーローから悪役へ」と伝えている。

 今回の騒動は英紙「デイリー・メール」などが報じたもので、2019年夏にバルセロナのプレシーズンツアーで来日した際のものと見られる映像がSNS上に流出したのが発端。宿舎となっていたホテルの部屋でデンベレとグリーズマンが日本人スタッフの容姿や言葉を侮辱した言動が収められていたとして、世界各国で波紋を広げている。

 こうした状況を受けて、2017年からバルサのスポンサーとなっている楽天グループ代表の三木谷氏が、6日にツイッターで声明を発表。「FCBの選手が差別的発言をした事について、クラブのスポンサーまたツアーの主催者としてとても残念に思います」と記したうえで、「楽天はバルサの哲学に賛同し当クラブのスポンサーをしてきただけにこのような発言は、どのような環境下でも許されるものではなく、クラブに対して正式に抗議すると共に見解を求めていきます」と、クラブに対して抗議することを表明した。

 そして、株式会社コナミは7日、公式サイトで「FCバルセロナに所属する選手の発言について」と題してリリースを発表した。

「株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、スポーツの理念がそうであるように、いかなる差別も許されるものではないと考えています。遊戯王コンテンツでは、グリーズマン選手とのアンバサダー契約は解除することとしました。サッカーコンテンツでは、FCバルセロナに対してクラブパートナーの立場として本件の詳細な経緯と今後の対応の説明を求めていきます」

 今年6月に結んだカードゲームのアンバサダー契約解除となったグリーズマン。日本人差別疑惑への波紋は、日々拡大している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド