G大阪、最下位相手に今ACL初ゴール献上も…20歳川﨑がハットトリック達成で8-1勝利

ハットトリックを決めたG大阪FW川﨑【写真:AFC】
ハットトリックを決めたG大阪FW川﨑【写真:AFC】

PKストップされる場面もあったが、前半3点、後半4点を奪取するゴールラッシュ

 ガンバ大阪は7日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)第5節でタンピネス・ローバース(シンガポール)と対戦。相手に攻め込まれる場面もありながら8-1で制し、グループHの2位をキープした。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 グループステージ4試合で1勝3分と勝ちきれない試合が続く2位のG大阪は、全敗で最下位に沈むタンピネスと対戦。前半21分、DF昌子源の浮き球パスをFW一美和成がヘディングで落とし、MF倉田秋が反応。ペナルティーエリア手前で見事に右足を振り抜いた一撃は、大きく落ちて相手GKの手を弾き、ゴールネットに突き刺さった

 前半25分には、20歳のFW川﨑修平が敵陣でドリブル突破。2人を交わすと、相手GKシャズワン・ブハリの股下を抜いてゴールを陥れた。

 その直後の同27分、セットプレーからヘディング弾を食い、タンピネスに今大会初ゴールを献上してしまったが、その1分後に川﨑の強引な仕掛けから最後は一美が押し込み、チーム3点目を奪った。

 G大阪は後半8分、ゴール前のこぼれ球に反応した川﨑がこの日2点目をゲット。後半16分には敵陣ペナルティーエリア内で川﨑が倒されてPK獲得したが、MFウェリントン・シウバのキックは相手GKにストップされ、追加点は奪えなかった。

 しかし、後半30分にW・シウバ、同33分にはパトリックがゴール。さらに、同35分には川﨑がハットトリックを達成し、パトリックも続いて、8-1でタイムアップを迎えた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】