C大阪、広州との“日中対決”を制しACL5戦無敗 7年ぶりの決勝トーナメント進出へ前進

C大阪は松本泰志の2得点もありACL5戦無敗【写真:AFC】
C大阪は松本泰志の2得点もありACL5戦無敗【写真:AFC】

加藤のゴールで先制し、後半には4ゴールを奪取

 セレッソ大阪は6日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)第5節で広州FC(中国)と対戦。スタメンを大幅に入れ替え、なかなかチャンスをモノにできなかったなか、FW加藤陸次樹らのゴールで5-0と制し、5戦負けなし(4勝1分)でグループ首位をキープした。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 C大阪は前半8分、FW高木俊幸が左サイドからクロスを上げ、DF松田力が相手に競り勝って強烈なヘディングシュートを放つが、惜しくもクロスバー直撃。同28分にも高木のクロスからFW山田寛人が合わせるが、シュートはわずかに枠外に逸れてしまい、決定機を生かせない。

 そのなかで、前半33分についにスコアが動く。右サイドから松田が上げたクロスはゴール前でワンバンドする難しいボールとなったが、走り込んだFW加藤陸次樹がスライディングシュートを決めて先制点を奪う。

 さらに、C大阪は後半8分、DF小池裕太のマイナスの折り返しに走り込んだMF松本泰志が蹴り込んでチーム2点目。後半22分にセットプレーからDFチアゴ、同28分には抜け出した松本が落ち着いて自身2点目を決め、同アディショナルタイムにも加藤がゴールと、最終的に5-0で勝利した。

 C大阪は勝ち点を13(4勝1分)に伸ばし、グループJ首位をキープ。6日23時から行われる2位傑志(香港)と3位ポートFC(タイ)の直接対決の結果次第で、2014年以来となる7年ぶり決勝トーナメント進出が決まる。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」