川崎、ユナイテッドシティに2-0勝利 好守の相手GKから知念、長谷川がゴールでACL4連勝

川崎FW知念慶が先制弾【写真:AFC】
川崎FW知念慶が先制弾【写真:AFC】

前半18分に知念、後半33分に長谷川とFW陣がゴールでACL開幕4連勝

 川崎フロンターレは5日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第4節でユナイテッドシティ(フィリピン)と対戦。相手GKの好セーブでこれまでのようなゴールラッシュとはいかなかったが、FW知念慶の先制ゴール、FW長谷川竜也の追加点で2-0と制し、大会4連勝を飾った。

 ここまで開幕3連勝、18得点・2失点と圧倒的な攻撃力を見せつけてきた川崎。この日も前半18分、FW長谷川竜也が前線からプレッシャーを掛け、相手のバックパスを知念がカット。冷静に相手GKアンソニー・ピンサスとの1対1を制し、グラウンダーの左足シュートで先制ゴールを奪った。

 前半、ほかにも複数のチャンスを作りながら、相手GKアピンサスの好セーブに阻まれた川崎は後半開始からMF脇坂泰斗、同13分にはDF谷口彰悟を投入。後半22分には谷口のフィードから抜け出した長谷川が決定機を迎えるも、シュートはわずかに枠を捉えられず、ゴールはならなかった。

 その後、MF家長昭博、DF山根視来をピッチに送り出して迎えた後半33分、再びスコアが動く。ペナルティーエリア内でボールを持った家長がゴールライン際にスルーパス。これを駆け上がった山根が折り返し、流れ球を長谷川が押し込んでチーム2点目を挙げた。

 ユナイテッドシティの反撃を受けた川崎だったが、失点することなく2-0のままフィニッシュ。これで大会4連勝となった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド