C大阪守護神、痛恨ロングフィード処理ミス&失点に海外言及 「間違った場所を推測」

セレッソ大阪GK松井謙弥【写真:AFC】
セレッソ大阪GK松井謙弥【写真:AFC】

ターンオーバーでメンバーを大幅に入れ替えたなか、今季初出場のGK松井が痛恨の失点

 セレッソ大阪は、6月30日に行われたAFCチャンピオンズリーグ第3節ポートFC(タイ)戦で、終盤に途中出場したMF坂元達裕が同点ゴールを決め、1-1のドローに終わった。前半アディショナルタイムにGK松井謙弥が頭上を抜かれて失点したシーンについて、海外メディアは「間違った場所を推測するミスを犯した」と報じている。

 スタメンを10人入れ替えたC大阪は、前半18分にFW加藤陸次樹が相手最終ライン裏のスペースに抜け出して、フリーでシュートチャンスを迎えるも、枠を捉えられず。同29分にもゴール前のこぼれ球を再び加藤がフィニッシュを試みるがクロスバー直撃となり、ゴールを割れなかった。

 ポートFCにセットプレーで危うい場面を作られる時間帯もあったなか、前半アディショナルタイムにまさかの形で失点を喫する。ポートFCのFWパコーン・プレムパックが自陣から前線にロングフィード。バウンドしたボールが今季公式戦初出場となったGK松井の予想よりも大きく跳ねて頭上を抜かれてしまい、懸命に伸ばした手を弾いてそのままゴールに吸い込まれてしまった。

 ベトナムのスポーツサイト「Thethao247」は、松井のプレーについて「前半はスコアレスと思われたアディショナルタイムの数分で突然スコアが動いた。一見、なんともないように見えるボールを、GKマツイが間違った場所を推測するミスを犯し、ボールは頭上を越えてゴールへと転がり、ポートFCに得点が入った」と伝えている。

 後半34分、途中出場のMF清武弘嗣と坂元の連携から最後は坂元が得意の左足シュートで同点ゴールを奪ったが、C大阪としては勝ち点1にとどまった感が強いかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング