C大阪、日本勢初黒星は回避 途中出場MF坂元達裕の値千金の同点ゴールで1-1ドロー

途中出場でゴールを決めたMF坂元達裕【写真:AFC】
途中出場でゴールを決めたMF坂元達裕【写真:AFC】

前半にGK松井の判断ミスから失点も、後半なんとか同点に追いつく

 セレッソ大阪は、6月30日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)第3節でポートFC(タイ)と対戦。前半アディショナルタイムにGK松井謙弥がボール処理の目測を誤って頭上を抜かれて失点したが、終盤に途中出場のMF坂元達裕がゴールを決めて同点に追いついた。

 スタメンを10人入れ替えたC大阪は、前半18分にFW加藤陸次樹が相手最終ライン裏のスペースに抜け出して、フリーでシュートチャンスを迎えるも、枠を捉えられず。同29分にもゴール前のこぼれ球を再び加藤がフィニッシュを試みるがクロスバー直撃となり、ゴールを割れなかった。

 ポートFCにセットプレーで危うい場面を作られる時間帯もあったなか、前半アディショナルタイムにまさかの形で失点を喫する。ポートFCのFWパコーン・プレムパックが自陣から前線にロングフィード。バウンドしたボールが今季公式戦初出場となったGK松井の予想よりも大きく跳ねて頭上を抜かれてしまい、懸命に伸ばした手を弾いてそのままゴールに吸い込まれてしまった。

 C大阪のレヴィー・クルピ監督は後半開始からDF瀬古歩夢、FW高木俊幸を投入。さらに同22分にはMF清武弘嗣、MF坂元達裕と攻撃陣を入れて反撃を試みる。すると後半34分、清武と坂元の連携から最後は坂元が得意の左足シュートを放ち、相手GKワッチャラ・ブアトンの手を弾き、同点弾を奪取した。

 試合はそのまま1-1のドローでフィニッシュ。C大阪は日本勢9戦目での今大会初黒星は回避した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド