「嵐のように立ち去った」 ベイル、ウェールズ代表引退に関する質問“スルー”に英注目

ウェールズ代表のキャプテンを務めたFWギャレス・ベイル【写真:ロイター】
ウェールズ代表のキャプテンを務めたFWギャレス・ベイル【写真:ロイター】

試合に関する内容には真摯に答えるも「ラストゲーム?」との問いにインタビュー切り上げ

 欧州選手権(EURO)で前回の2016年大会でベスト4と躍進したウェールズだったが、今大会は決勝トーナメント1回戦でデンマークに0-4で敗れてベスト16で姿を消した。試合後、キャプテンのFWギャレス・ベイル(トッテナム)が去就に関する質問に答えず、インタビューを途中で切り上げる一幕があった。

 初出場だった前回の16年大会ではイングランドらと同居したグループステージを1位で勝ち抜け、決勝トーナメントでは北アイルランドとベルギーを連続で撃破する快進撃を見せたウェールズ。準決勝で優勝したポルトガルに敗れたが、ベスト4という堂々たる成績を残した。

 前回大会の再現を狙った今大会は、グループAでイタリアに次ぐ2位で決勝トーナメントに進出。しかし、現地時間26日にオランダのアムステルダムで激突したB組2位のデンマークに0-4と一方的なスコアで敗退した。

 試合後、キャプテンのベイルは英公共放送「BBC」のインタビューで、「後半、我々はプレーしようとしたが、ミスから失点してしまい、勢いをころしてしまった」と自分たちのミスが招いた結果だと振り返った。「このような形で終わってしまった残念だ。選手が不満を持ち、怒るのも無理はない」と不完全燃焼に終わった今の心境を明かしている。

 試合内容に関しての質問には真摯に答えていたベイルだったが、続いてインタビューアーから「これがウェールズでのラストゲームになるのでは?」と尋ねられると、質問を最後まで聞こうともせずその場から立ち去り、インタビューを途中で切り上げた。英紙「デイリー・スター」は足早にインタビューゾーンを離れるベイルについて、「レポーターの質問を受け、嵐のように立ち去った」と報じている。

 EURO開幕前には今季限りでの現役引退の可能性も報じられていたが、ベイルは自身の去就について何かを語るつもりはないようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド