まるで王子!? ベッカム、“完璧すぎる”幼少期ショットに海外注目「永遠にハンサム」

デイビッド・ベッカム氏が幼少期の写真を投稿【写真:Getty Images】
デイビッド・ベッカム氏が幼少期の写真を投稿【写真:Getty Images】

母サンドラさんの誕生日を祝い、妹ジョアンさんらとの過去の家族写真を投稿

 米MLS(メジャーリーグサッカー)インテル・マイアミの共同オーナーを務める元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が、自身の公式インスタグラムを更新。母サンドラさんの誕生日を祝うべく、幼少期の写真をアップして注目を集めている。

 マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリード、ACミラン、パリ・サンジェルマンと欧州の強豪でプレーし、イングランド代表でも一時代を築いたベッカム。甘いマスクとスタイリッシュなファッションで人気を博し、2002年の日韓ワールドカップでは“ソフトモヒカン”が一大ブームとなった。そのイケメンぶりは幼少期からだったようだ。

 ベッカム家は26日、妻ビクトリアさん、妹ジョアンさんらが集い、母サンドラさんの誕生日パーティーを実施。ベッカムはインスタグラムで、「最も素晴らしいお母さん、ハッピーバースデー。僕たちのためにしてきてくれたことすべてに感謝します。僕らは心からあなたを愛している」と感謝の言葉を綴り、幼少期の家族写真をアップした。あどけなさの残るベッカム少年だが、現在の面影があり、そのイケメンぶりも目を引く。

 コメント欄では、ユナイテッドのユース出身で同期の元イングランド代表MFニッキー・バット氏が「お誕生日おめでとう、サンドラ」と祝ったほか、海外ファンからは「永遠にハンサムだ」「王子」「とてもかわいい」「美しい家族」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング