「まさに天才」 柿谷曜一朗、ACL浦項戦の“弾丸ミドル”に称賛の嵐「速度がえぐい」

名古屋FW柿谷曜一朗【写真提供:©AFC】
名古屋FW柿谷曜一朗【写真提供:©AFC】

ACL第2戦の浦項戦で値千金の先制点、エリア外から弾丸シュートを叩き込む

 Jリーグの名古屋グランパスは25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節の浦項スティーラーズ(韓国)戦に臨み、3-0で完勝した。1トップで先発した元日本代表FW柿谷曜一朗が、目の覚めるようなミドルシュートで先制弾をマークし、ファンからも「まさに天才」「やっぱ一流」など感嘆の声が上がっている。

 22日に行われたグループG初戦でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)に1-0で勝利した名古屋は、中2日でグループ最大のライバルと目される浦項との“日韓対決”を迎えた。チームを率いるマッシモ・フィッカデンティ監督は、初戦から先発5人を入れ替えて1トップに柿谷を起用した。

 序盤からリズムをつかむなか、前半34分に日本屈指のテクニシャンが魅せる。FW齋藤学がドリブルで持ち上がり、前線の柿谷へパス。ペナルティーエリア手前で相手ゴールを背にしながら受けた柿谷は、ドリブルでマーカーのプレスを回避しながら大きく円を描くように左へ回転。そして思い切り良く右足を振り抜くと、強烈な弾丸ミドルがゴール左に突き刺さった。

 この一撃の映像を「DAZN」公式ツイッターが「ジーニアス #柿谷曜一朗 スーパーゴール #齋藤学 からパスを受けると目の覚めるような一撃を放つ」と綴り投稿。これに対しファンも「まさに天才」「大舞台でゴラッソ流石!」「柿谷やっぱ一流」「ビューティフルゴール」「モーション小さいのに速度がえぐい」「うますぎる」と称賛の声を上げている。

 その後も柿谷は好プレーを披露し、後半37分にはFWマテウスの3点目を演出。3-0の完勝に大きく貢献した。過密日程による総力戦で、グループ最大のライバルを下して2連勝。柿谷のアジアでの戦いから目が離せない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング